2019年はThinkPad X290ではなく13.3インチのThinkPad X390?という噂

2019年ThinkPadのロードマップの中にThinkPad X390という名前が挙がってますね。

リーク情報元の資料が中国語だとどうも信頼できないのですが、Lenovoってそもそも中国の企業ですからね

参照: http://bit.ly/2DrMZZW

◆2月25日追記

Lenovoから正式発表ありました。

ThinkPad X390が出ます

X280(12.5インチ)はベゼル(画面の縁)が太かったので、それを削ってディスプレイサイズを大きくしたような感じでしょう。

重さは1.22kgと予想より少し重めですが、許容範囲でしょう。

X280の大きさは307.7×209.8×17.4 mmでしたが、
X390は311.9×217.0x16.5 mmとなります。

薄くなりますが、フットプリントは当然少し広くなっています。

X390と迷いそうなThinkPadをリストアップすると以下のようになります

・X280 (2018) 12.5インチ 1.13kg
・X1 Carbon (2019) 14インチ 1.08kg
・L390 (2019) 13.3インチ 1.46kg
・X390 (2019) 13.3インチ 1.22kg前後

12.5インチはX280で出来ることはほぼやってしまった感があるので、手薄な13.3インチで出そうってことなんでしょう。

確かにX280は完成度高いです
【レビュー】ThinkPad X280、軽量化でキーボードの質はどうなったか?検証してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする