ThinkPad Yoga 370はキャラかぶりまくり。苦戦必至か?

発売前からこんなことを言うのはあれですが、ThinkPad Yoga 370はいかにも中途半端。

13.3型、1.38kgの2in1変形ノートですが、Lenovoはすでに似たような機種を販売しています。

12.5型1.36kgにThinkPad Yoga 260があります。


(折りたたんで使用するときはキーボードのキーが自動的に沈み込みます)

2015年11月発売モデルなので1世代古い機種ですが、コンパクトさを求めるならこちらの方が使いやすいでしょう。一応型落ちになるので価格も安くなっています。

14型1.36kgにはThinkPad X1 Yogaがあります。
こちらは2017年4月に新モデルが発売予定。OLED液晶を搭載可能で、広い画面で液晶の美しさにこだわるならこれがおすすめ。

13.3型のThinkPad Yoga 370が中途半端という意味がおわかりでしょう。

さらにThinkPadブランドにこだわらないなら、Lenovo Yoga 910、Yoga 900S、Yoga 900も13.3型の2in1モデルなので選択肢に入るはずです。中でも軽さで言えば999gのYoga 900Sです。

こうしてみるとThinkPad Yoga 370は、キャラかぶり気味で、これなら負けないという特徴もなし。存在感は薄いと言わざるを得ません。

せめて1.2kgぐらい軽量化してくれれば、「おっ」という感じだったんですけどね。

USB3.1(Thunderbolt 3対応)が付いたのは良かった点ですけど、フルサイズのSDカードスロットも付いていない点はYoga 260と変わりません。

ということでThinkPad Yoga 260の詳細記事でまずは予習しておきましょう。

⇒ ThinkPad Yoga 260の写真17枚。液晶、キーボード、ヒンジ・・などいろいろ撮ってみた。

⇒ 【レビュー】X1 Yogaの影に隠れた実力派、ThinkPad Yoga 260

◆4月18日 追記

発売されました。
Thinkpad Yoga 370のスペック詳細

他のメーカーだと先月発売されたDELLのXPS 13 2-in-1が強力なライバルです。


13.3型で1.24kgにIGZOのIPS液晶で見た目の美しさで頭1つ抜けています。

⇒ DELL XPS 13 2in1の発表会に行ってきたので、軽くレビューしてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする