Lenovo Yoga 710、1.04kg、Core m5 + SSD256GBで10万を切ってきた

LenovoのYoga 710は7月に発売されたばかりの新モデル。1.04kgの軽さにSSD256GBを搭載した11.6型の変形ノートパソコンです。

digi1607222
カラーはプラチナシルバーです。

スペック的には先日レビューを書いたideapad MIIX 700と似ています。

digi1607223

ideapad MIIX 700はタブレットとキーボードが分離できるタイプ。

一方、Yoga 710はキーボードは分離できません。パタンと折りたたんで使うフリップ型と言われるタイプです。

また710というナンバーからもわかるとおり、Yoga 700という機種も存在します。Yoga 710は700よりCPUやSSD、それにメモリを1ランク上げたモデルです。なので、正直デザインなどに目新しさはありません。

Yoga 700はCore m3 + SSD128GBというスペック。これが少し物足りないなあと思っていた人にはCore m5 + SSD256GBになったYoga 710はうってつけでしょう。

Yoga 700、Yoga 710、そしてideapad MIIX 700を比較してみました。

digi1607221

この表からわかるのはYoga 710は

・3つの中で一番コンパクト
・3つの中で一番軽い(差は小さいが)
・3つの中で一番バッテリー性能が良い

という点です。

何より価格優先なら表の一番左のYoga 700を。キーボードが分離できるタイプがいいなら表も右、ideapad MIIX 700。それ以外なら今回発売されたYoga 710がおすすめとなります。

他のメーカーを見てもこのスペックで10万円未満は最安値クラスだと思います。
⇒ Lenovo Yoga 710 スペック一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする