Lenovo YOGA 720とYOGA 920が発売。価格や主な仕様のまとめ。

Lenovo YOGA 720、YOGA 920が発売となりました。

先週も少し書いたので簡単におさらいしておきます。

YOGA 920
・13.9インチ、1.37kgの変形2-in-1
・先代と大きな変更点はなし
・CPUが第8世代Kaby Lake-Rへ刷新
・4Kディスプレイを搭載可能
・YOGAシリーズの中で一番高いやつ

YOGA 720
・12.5インチ、1.18kgの変形2-in-1
・先代(YOGA 710)からサイズや重さ、スペックなど大きな変更あり。
・CPUは第7世代のまま。今後第8世代に刷新される可能性。
・YOGAシリーズの万人向けモデル

YOGA 720については前回「4Kディスプレイが搭載可能になる」と紹介したのですが、それは米国モデルの話だったみたいで、日本発売では今のところ普通のフルHDディスプレイしかありません。ご注意ください。

YOGA 920、YOGA 720ともにペン付属です。

YOGA 920はCore i5-8250U、FHD、メモリ8GB、SSD256GBという構成で14.8万、Core i7-8550U、UHD(4K)、メモリ16GB、SSD512GBという構成で20.0万です。

4Kディスプレイ搭載となるとスペックも自動的に上がり、価格も20万までいきます。

YOGA 910はCore i7-7500U、UHD、メモリ16BGB、SSD512GBで14.9万。型落ちですが、性能的にはこれでも問題ないと思いので在庫があるうちに910を購入するのも良いでしょう。

⇒ YOGA 910 スペック詳細へ

Lenovoの特設ページにはお得な割引クーポンが載っています。
⇒ YOGA 920

YOGA 720はCore i5-7200U、FHD、メモリ8GB、SSD256GBという構成で9.8万です。
先代のYOGA 710はCore i5-7Y54で7.8万でした。少し価格帯が上がってしまいましたが、YOGA 920よりは断然安いです。

同じ12.5インチでレノボのThinkPad X270は12.4万です。スペックだけの単純比較ではYOGA 720が圧倒的にコスパが良いことがわかります。

先日出たばっかりのideapad 720Sは13.3インチ1.14kgで9.1万
そして今回のYOGA 720が12.5インチ1.18kgで9.8万

コスパ重視なら、ideapad 720SかYOGA 720かという感じになるでしょう。
ideapadがクラムシェル、YOGAが変形2-in-1なので、タブレット使用の必要性で決めればよいと思います。

⇒ YOGA 720 スペック詳細へ

⇒ Lenovo ideapad 720S、軽量化はいいけどSDカードスロットがなくなった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする