4K液晶のLenovo Yoga 910は今が買い時! 2週間使ってみた感想を書いてみる。

Lenovo Yoga 910は2017年1月発売の変形2-in-1ノートです。

細いフレームの液晶ディスプレイは13.9インチ。

本体自体はコンパクトですが、ディスプレイは広く、また非常に高精細(4K液晶)です。

発売当時は18万くらいしましたが、発売後半年が経過してだいぶ値下がりしてきており、まさに今が安く買うチャンスと言えます。

2017年6月現在、4Kの液晶を搭載しているノートパソコンは少なく、さらにその少ない中でもYoga 910は圧倒的な安さを誇るモバイルノートです。

2週間ほど使ってみた感想、レビューを書いたみたので参考にしてみてください。

見た目、デザイン

高級感のある筐体で、とても美しいデザインです。

カラーはシャンパンゴールドか、プラチナシルバーを選べます。

写真はすべてシャンパンゴールド。

室内でも太陽光の当たり方によって見え方はだいぶ変わります。

Yogaのヒンジは独特です。

安定した開閉が可能なウォッチバンドヒンジです。

レビュー機のスペック

CPU: Core i7-7500U
メモリ: 16GB
ストレージ: SSD 512GB (PCIe)
ディスプレイ: 13.9型 UHD(3840×2160) タッチ対応
サイズ、重さ:323×224.5×14.3mm、1.38kg
インターフェイス:USB3.0 typeC、USB3.0 typeA、USB2.0 typeC、ヘッドフォンジャック

CPUは第7世代のCore i7。SSDはPCIe接続の高速SSDで、容量は512GBあります。メモリも16GBあるので、かなりの負荷に耐えられるスペックとなっています。

価格は14万円台です。(時期により多少変動することがあります)

ちなみにCore i5モデル(11万円台)も用意されていますが、こちらはディスプレイがFHD(1920×1080)となります。

重さは1.38kgとこの手の2-in-1としてはやや重めです。

持ち運びには問題ありませんが、タブレットモードにして片手で持つと、ちょっとずっしりくる重さです。


ソファーやベッドで仰向けに寝ころんで使ったときは、もっと軽いやつがいいなあと思いました。

デスクの上に置いて通常のノートPCのように使うなら、あまり重さは気になりませんが、タブレットとしてはやや重いのがネックです。

液晶ディスプレイ

ディスプレイは13.9インチで、フレームが狭く設計されています。

ディスプレイの広さを計測したところ約307×173mmでした。

解像度はFHD(1920×1080)とUHD(3840×2160)を選べます。

本機はUHD、つまり4K液晶となります。

ディスプレイの拡大縮小サイズは300%がデフォルトになっていますが、ぼくは250%にして使ってます。

これだとYahooのトップがこんな感じに見えます。

250%くらいが文字の大きさと表示範囲の広さのバランスがちょうどいいでしょう。

解像度が下がるとか、文字が滲むというようなこともありません。

youtubeで4K動画を観ると、本当にきれいです。

実際に美しい景色を現地で見てるかのような感覚です。

同じ動画のキャプチャーですが、

上はHD(1366×768)の14インチ液晶で見たもの。

そして下がUHD(3840×2160)、Yoga 910の液晶で見たものです。

太陽に照らされた水面の波とかヨットとかのディテールに注目してみてください。UHDの方が明らかに高精細で、解像感があることがわかります。

映画を観たり、写真カメラが趣味の人に、このYoga 910の4K液晶はおすすめです。

sRGBカバー率は90%、コントラストは1400:1と高く、とても明るいディスプレイです。光沢があるので、写り込みがありますが、ギラつきはほとんどありません。

SSD

内蔵されているSSDの容量は512GB。メーカーはSamsungのPM951でした。

ベンチマークをとると以下のようになります。

PM951はPCIe接続の高速SSDですが、PCIeの中ではそこまで速いというわけではありません。

しかしそれはあくまでベンチマーク上でのこと。実用においては、これで問題ないはずです。

実際、電源を入れてからデスクトップが表示されるまでの時間はわずか9.7秒でした。SATAのSSDだとだいたい12~15秒くらいなので、やはりPCIeは速いということがわかります。

キーボード、タッチパッド

キーボードの配列はオーソドックス。

バックライト付きです。

キーピッチは19mm。キートラベル(キーの深さ)は1.0mmと浅めですが、クリック感があり、打鍵感は悪くありません。浅いキーボードは、高速タイピングが可能です。


キーボードを押しても筐体がたわむということはないので、このキーの浅さでも意外とOKなんだということがわかりました。

ただ良くない点が1つ。

右半分のキーは静かなのですが、左半分のキーを押すとはチャカチャカ音がしました。キーによって打ち心地が変わるような設計のノートPCがたまにありますが、この事例は設計ではないはず、つまりこれはYoga 910のキーボード品質の問題となります。

それさえなければ、かなり良かったのですが、残念ながらキーボードの評価はマイナスとなります。

一方タッチパッドは良好です。
面積は105x70mmと広く、またとても滑らかです。

暑さで指先が汗ばんでいても、タッチパッドはスムース。手触りがとても良いです。ちょっと滑りすぎかなと思うくらいですが、あまりタッチパッド操作が得意ではないぼくにはちょうどいいくらいでした。

クリックボタンはタッチパッドと一体化しており、クリック音はそこそこします。

粗悪なクリックボタンだとクリックしたはずなのに反応しないというようなことが頻発しますが、このYoga 910にはそうしたことはありませんでした。

バッテリー

バッテリーの駆動時間はまずまずです。
4K液晶はバッテリーを食うので、駆動時間が短いのではないかと危惧しましたが、その心配はなさそうです。

JEITA2.0で11.5時間。

試しにwifi環境下で動画を流しっ放しにしたところ、約5時間もちました。ネットや文章作成など軽めの作業であれば、駆動時間ももっと延びるはずです。

インターフェイス

USBはUSB3.0 typeC x1、USB3.0 typeA x1、USB2.0 typeC x1と3つポートがあります。

1つは電源端子も兼ねています。

HDMIやSDカードスロットは付いていません。

個人的にはSDカードスロットは付けてほしかったかなという気がします。

WLANドライバー

パソコンを最初に立ち上げてときは、いろいろなセッティングやWindowsのアップデート関係の処理で、CPU使用率が高くなります。

その処理もしばらくすれば終了して、落ち着いた状態になるのが普通です。

ところが本機ではWLANドライバーの問題でいつまでのCPU処理率が高い状態が続きました。

タスクマネージャーには「TODO File description」と出ていました。こいつが常時CPUの30%を食っており、しかも6時間くらい経っても全く終わりません。その間、ファンは回りっぱなし。

さすがに変だな・・と思い調べてみると、Liteon WLAN ドライバーに問題があるという情報がヒット。そこで以下のリンクから最新のWLANドライバーをインストールしてみました。

http://pcsupport.lenovo.com/jp/ja/products/laptops-and-netbooks/yoga-series/yoga-910-13ikb/downloads/ds119197

するとあっさり解決。今までずっと回り続けていたファンも静かになり、正常な状態に戻りました。

このWLANドライバーの問題はすべてのYoga 910に生じる問題ではないようですが、もしぼくと同じように困っている人がいれば、上のリンク先からドライバーをインストールしてください。

これですんなり解決するはずです。

コスパ

4K液晶を搭載できるモバイルノートで代表的なものと比較してみると、Yoga 910の安さがよくわかります。

DELL XPS 15は基本的なスペックが上なので単純な比較はできませんが、HP Spectre x360はほとんど同じスペックです。

他社の価格を見てわかるように、基本的に4Kディスプレイは、「高嶺の花」という位置付け。それがYoga 910はクーポン使用で14.9万で買えるわけです。

これはもう圧倒的なコスパと言っていいかと思います。

4Kにこだわるなら、Yoga 910で決まりです。

ちなみにLenovoのクーポンは2種類あるので注意しときましょう。

最大割引のクーポンを使用するにはこちらのページへ
⇒ 割引率アップ! Yoga 910のクーポン

4Kにこだわりがない場合でもCore i5、SSD256GB、FHDが11万円台とお得です。

まとめ

・デザイン ☆☆☆☆
・キーボード、タッチパッド ☆☆☆
・ディスプレイ ☆☆☆☆☆
・SSD ☆☆☆☆
・インターフェイス ☆☆☆
・バッテリー ☆☆☆☆
・コスパ ☆☆☆☆

短所
・1.38kg、微妙に重い
・キーボードの打鍵感がキーによって変わる
・SDカードスロットがない

長所
・高級感のあるデザイン
・4K液晶搭載
・SSDで高速起動
・タッチパッドが滑らか
・長時間のバッテリー駆動
・コスパ良し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする