4K液晶のノートPC、Lenovo Yoga 910。いち早く販売価格を予想してみる。

おそらく年内か2017年の初めに日本でも販売されるであろうLenovo Yoga 910

digi1611281

変形2in1ノートで重さは1.38kg

13.9型ディスプレイはフレームレスで、3840×2160の解像度を誇る4K液晶を搭載できます。

CPUは最新の第7世代。ストレージはPCIe接続の高速SSDで最高1TBまで用意されています。

タブレットとして見るなら重さが少し気になりますが、スペック的にはこれはもうタブレットの域を超えています。4K液晶の良さを出すにはこれぐらいのハイスペックが必要なのでしょう。

その分お値段もちょっと高くなるのが予想されます。

日本発売よりも前に米国で発売されていますが、4K液晶モデルが1279.99ドルです。

・CPU:Core i7-7500U
・メモリ:8GB
・SSD: 256GB PCIe
・ディスプレイ:UHD(3840×2160)

というスペックです。

これが日本で販売されるときには16万円くらいになると予想しています。

もしディスプレイをFHD(1920×1080)で抑えるなら、価格も13万前後まで下がるでしょう。ただし米国と日本で同じ構成になるかは不明です。

ちなみにYoga 900(910じゃなくて)だと、

Core i7-6560U、メモリ8GB、SSD512GB(PCIe)、QHD(3200×1800)

15万円台です。

SSDの容量が2倍になって、解像度は1ランク落ちるという構成。個人的にはこれも十分アリだと思います。

購入の際は、割引率アップになるクーポンを使用しましょう。レノボの販売ページに載ってるクーポンよりもお得なクーポンを入手する方法はこちらを参考に。

参考:ThinkPadをはじめとするレノボのパソコンを割引率最大のクーポンで購入する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする