ASUSのZenbook BX310UAはなかなかの好印象。DELLやLenovoの同スペックPCと比較してみた。

ASUSのZenbookシリーズの中でも、Zenbook BX310UA-FC833Tは、1.4kgとそこそこ軽くて、Core i5、SSD256GBのミドルスペック、そしてお値段は8万円台というぼくの理想に近いノートPCです。

軽量1.0kgで超薄型だと13万とかしますからね。

そこまで薄くなくていい、でも時々は持ち歩くので適度な軽さは欲しい、でも価格が10万以上となるとうーんってなる。

そういう人にピッタリの一台かなと思います。

スペック概要

シリーズ名: Zenbook BX310UA-FC833T
CPU: Core i5-7200U
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB
ディスプレイ: 13.3型 FHD(1920×1080)
サイズ、重さ:323×223mm×18.35mm、1.4kg
バッテリー駆動時間: 約8.7時間 (JEITA2.0)
インターフェース:USB3.1 typeC x1、USB3.0 x1、USB2.0 x1、SDカード、HDMI、ヘッドフォンジャック
(注)英語キーボード

1つ注意すべきは英語キーボードだということ。

見た目はシンプルになりますが、Enterキーやスペースキーなどの形状が若干違うので少し慣れが必要でしょう。

Core i5、メモリ8GB、SSD256GBという全体のバランスは良いです。

2017年のスタンダードはこの組み合わせだと認識しましょう。Core i7じゃないと言ってるのはちょっと古いです。もうこのブログで嫌というほど繰り返してきているので、読者のかたにはまたかという感じでしょう。

しかし、日本の大手メーカーはこの普通のことができないんですよ。
メモリが4GBだったり、そもそもSSDじゃなかったりします。

ライバルとの比較

Lenovoのideapad 710S PlusとDELL Inspiron 14 7460がスペックと価格が非常に似ています。

8~9万円でメインPCにもなって、そこそこ軽さを求めるなら、この3つに絞ってもいいかと思います。

軽さではideapadがリード。しかしHDMI(映像出力)と有線LANポートがないので、もしその2つが必要なら別途アダプターを購入する必要があります。

あとは好みによるでしょう。

「これにしとけ!」とズバリ言いたいところですが、正直これはいい勝負なのでどれを買っても正解です。

これより軽いノートPCを探そうとなると、一気に価格も上がり13万円前後になってきますから、ここらで手を打っておくのもアリでしょう。

アマゾンなら在庫があるようなのですぐに届けてくれます。
⇒ ASUS Zenbook BX310UA【日本正規代理店品】

他社のパソコンも検討してみてください。

【レビュー】DELL Inspiron 14 7460、10万以下のSSD内蔵PCを選べば幸せになれます

ideapad 710S Plus スペック詳細

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする