ASUS ZenBook 13 UX331UN、1.14kg+GeForce MX150でこの価格はヤバい

ASUS ZenBook 13は2017年12月発売のモバイルノート。

1.14kgの軽量ボディ、外部グラフィックスとしてNVIDIA GeForce MX150を搭載した特徴のあるマシンです。

スペック概要

・CPU:Core i5-8250U
・メモリ:8GB
・ストレージ:SSD256GB(SATA)
・ディスプレイ: 13.3インチ FHD(1920×1080)
・グラフィックス: NVIDIA GeForce MX150
・バッテリー駆動時間:約14.4時間
・USB: USB-A x2、USB-C x1
・ポート類: HDMI、microSD、ヘッドフォンジャック
・サイズ、重さ:310 x 216 x 13.9 mm、1.14kg

CPUは第8世代Core i5を搭載。メモリ8GB、SSD256GBとバランスの良い構成。

そして大きな特徴であるGeForce MX150

先日紹介したThinkPad T480s(1.32kg)にも同じGeForce MX150が搭載可能でしたが、こちらのZenBook 13はさらに軽量の1.14kgです。

この薄いボディで、熱を持つGeForce MX150を搭載して大丈夫かな?という不安はありますが、海外のレビューをいくつか読んだところでは大丈夫そうです。熱が出ない代わりにGeForce MX150のパフォーマンスが低下するという悪仕様もないようです。

いよいよもってこのスペックは魅力的ですね。

解像度を下げればプレイできるゲームも多いはずですし、写真編集や動画編集でも大きな働きをしてくれるでしょう。

液晶ディスプレイも明るいと評判です。

コスパも良い

13.3インチで第8世代Core i5を搭載しているモバイルPCで代表的なものをまとめてみました。(Surface Laptopのみ第7世代)

各メーカー1.1kg前後のエースが揃っています。

価格は16万くらいする機種が多いです。

そんな中ZenBook 13の11.6万円はかなりいいコスパだと思います。

ただ表の一番下のLenovo ideapad 720Sは同じ1.14kgで9.3万・・反則級の安さですw

グラフィックスは通常のIntel UHD620なので、その分は差し引いたとしても安いです。

興味ある人はのぞいてみてください

⇒ ideapad 720Sのスペック詳細

いや、やっぱりASUS ZenBookの方がいいという人も多いはず。

実際、良い出来だと思います。

12.5型で2016年に発売されたZenBook 3より良いと思います。

ZenBook 13は公式ストアで買うよりアマゾンの方が安いです。

⇒ ZenBook 13 UX331UN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする