ASUS Zenbook UX360CAの日本発売は? 海外での評価をチェックしてみた。

ASUSのZenbook UX360が発売予定ですよ~ってニュースは3月に見ました。でも日本の発売はまだ先なのでしょうか?海外では先に発売されているようなのでその評価をチェックしてみました。

digi1606253

基本スペック

CPU: Core m3-6Y30 Core m5-6Y54 Core m7-6Y75
メモリ:4GB、8GB
SSD:128GB、256GB
グラフィックス: Intel HD 515
ディスプレイ:13.3インチIPS 1920×1080、3200×1800
重さ: 1.3 kg

2in1PCの中では廉価版という位置付けでしょう。その代わり価格で勝負するという感じです。

SSDもSATA接続タイプでLite-On CV1シリーズ。256GBで速度は平均レベル、128GBだと平均を下回ります。

また重さも微妙に重いです。ここのところ他社から1kg未満の2in1が発売されていますから、1.3kgというのはアピールに欠けると言わざるを得ません。

SDカードスロット付き

Zenbook UX360CAにはフルサイズのSDカードスロットが付いています。
最近の薄型2in1にはめずらしいことです。デジカメで写真を撮る人には朗報でしょう。

ディスプレイの評判が良い

ディスプレイは評判が良いです。
明るく、コントラストも高いので見た目は良いです。

キーボードはダメ

ディスプレイが良い代わりに、キーボードは厳しめの評価です。
キーを押した感じがまるでスポンジを押したような感触があり、またキーボード全体がグラグラします。
これは文章入力には向かないパソコンですね。

ライバルとの兼ね合い

こうして見てきた印象だと、相当安く売らないとライバル機種に負けてしまう可能性があります。例えばLenovoのideapad MIIX 700は1.08kgのタブレットPC。Zenbook UX360CAと同じCore m3モデルが9万円台です。そうなるとZenbook UX360CAも同じ9万円台か場合によってはそれ以下で勝負するしかないような気がします。

もし日本での発売があれば価格を比べてみてください。あまり高いようであればスルーすべきだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする