スマホ買い替え~Lenovo Phab 2 Proはどうか?

スマホの買い替えのため、どんな機種が良いか調べています。

Lenovoが2016年に発売したスマホ、Phab 2 Proは一般的なスマホより一回り大きいサイズ。

6.4インチで259gです。

iPhone 7が4.7インチで138gですから、それと比べると馬鹿デカいスマホとなりますが、そもそもPhab 2 Proはスマホとタブレットの中間、ファブレットという位置付けなのでそこはあまり突っ込まないことにします。

世界初GoogleのAR技術に対応しています。

このスマホ、専用のアプリを起動してカメラで対象物を視界に捉えれば、その対象物の実際の長さを測定したりすることが可能というふれこみでしたが、それは大まかの長さ測定に限定されるみたいで、1センチレベルの精度での測定は不可とのこと。

正直まだまだ「使える」レベルには達していないようです。

CPUはQualcomm Snapdragon 652で高性能です。
メモリ4GB、ストレージ64GBとこの辺の基本的なスペックは問題なし。

カメラは背面が1600万画素で、前面が800万画素。iPhone 7よりも画素数は多いですが、画素数の多さは写真の綺麗さとはあまり関係ありません。むしろ画素数が多いと、ノイズが出やすくなって逆に良くない場合もあります。

いろんなレビューサイトを見た感じでは、Phab 2 Proのカメラはまあ平均レベルでしょう。

弱点は、やはり暗所での撮影です。

暗い場所ではピント合わせにも時間がかかりますし、ノイズも出やすくなってしまいます。これは他のスマホも同じなのでPhab 2 Proだけが劣っているというわけではありません。

Phab 2 Proは大容量4050mAhのバッテリーを搭載しており、iPhone 7 Plus(2900mAh)やXperia XZ(2900~3230mAh)などよりも大きいのです。しかし、実際にテストしてみたというサイトによると、iPhone 7 Plusの方が長時間バッテリーはもったということ。

バッテリー性能もイマイチのようです。

以上のことからPhab 2 Proは候補から外れそうです。

次の買い替え候補を調べてみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする