W杯最終予選タイ戦を見た感想

日本4-0タイ

久保の素晴らしいパフォーマンスが光った試合でした。UAE戦も良かったですが、このタイ戦はそれ以上に素晴らしい出来だっと思います。

しかし、全体的な内容はけっこうミスや危ない場面が多く、あまり褒められた試合ではなかったと言えるでしょう。

逆にこの試合で久保がいなかったら・・と考えると恐ろしくなります。本田が右サイドで先発していたら、香川へのアシストも岡崎へのドンピシャクロスもなかったでしょう。

香川は、この試合のゴールを良いきっかけにしてほしいですね。あの先制ゴールは香川らしい落ち着きが見られたシュートでした。

この試合で気になったのはボランチ。そこまでサッカーに詳しくないファンも指摘しているように明らかにボランチに問題があります。

この日は、酒井高徳がボランチとして先発しましたが、山口蛍との相性が悪く、とても低調なパフォーマンスでした。

高徳も蛍もカバーリングに長けているボランチで、展開力には乏しいのです。その2人を先発させたハリルホジッチ監督の采配に疑問を感じてしまいますね。

そんなボランチの2人、加えて日本の前線は全員が裏へ裏へという意識が強く、中盤がかなり手薄になっていました。

こんなふうに。高徳1人が孤立。久保、岡崎、原口、そして長友まで裏を狙ってるんですよ。香川のポジショニングの悪さもオマケで付いてきます。

これじゃあ出すとこありません。高徳も可哀想です。

中盤1人で相手のプレスをかわし、指揮者のように全プレイヤーを操れるようなプレイを求められていますよ、これ。

タイは中盤に人数かけてましたからね。そりゃボールロストしますよ。

この試合でビルドアップがボランチのところで上手くいかなかったのは、高徳や蛍だけのせいじゃないと思います。

香川や、原口が下がってきてボールを受ける回数をもっと増やしてほしかったなあと思いますね。たぶんそれは監督の戦術とは違うことです。

でも臨機応変に指示されたこととはは違うことをする。
そしてクソ真面目に裏へ裏へという動きをやめる。

そういった柔軟性もこれからの戦いでは必要になってくるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする