ThinkPadの選び方

thinkpadchart2

2015年11月~2016年にかけて発売されたThinkPadのうち、代表的な機種をその特徴がわかりやすいようにグラフ上のプロットしてみました。横軸は軽さ。縦軸は価格になっています。

x1tablet02

1.065kgのタブレットPCでキーボードにお馴染みのトラックポイント付き。
タブレット本体だけなら767g。軽さで選ぶなら間違いなくこれ!
ただしThinkPadのキーボードとしてはやや不満が残る。

x1carbon03
1.18kgの超薄型ノート。CPUはCore i7、SSDはPCIe接続の高速SSDを搭載可能。
14型のディスプレイも高品質。SDカードリーダーが付いていないのが惜しい。

x1yoga02
14型変形タブレットPCで通常モデルは1.36kg。
X1 Tabletよりも高性能だが、価格も高い。
夏以降注目の有機EL液晶を搭載したモデルが発売予定。
現段階ではおすすめ度は低め。

yoga26002
同じく変形ダブレットPCで1.36kgだがこちらは12.5型。
コンパクトなので場所をとらない。
割引率が高いのでより高性能にするほどお得感が増す。

x26001
12.5型、1.43kgの伝統的なThinkPad。
売れ筋ナンバー1。
これまでXシリーズを使ってきた人に安心しておすすめできる一台

t460s01
14型。1.32kgのモバイルPC。
PCIe接続の高速SSDを搭載可能。
伝統を守りつつ、ハイスペックで、さらにコスパも良い。

td1301
13.3型、1.44kgのモバイルPC。
X260の廉価版という位置付けだが、当然価格も安くお手頃。
キーボードの質も良いが、ディスプレイはイマイチ。

e46001
14型1.82kgの標準ノート。
持ち運び頻度が多くない人におすすめ。
SSDを搭載しても6万円台と格安。

e56001
15.6型2.35kgの標準ノート。
持ち運び頻度が多くない人におすすめ。
グラフィックスにAMD Radeon R7 M370を搭載できるのが特徴。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする