無料で遊べる「麻雀 天聖」を100ゲームほどプレイしてみました

無料で遊べる「麻雀 天聖」というブラウザ上の麻雀ゲームがあります。
https://www.web-jong.com/

digi16060610
暇つぶしに遊んでみたら、けっこうCPUが強いのでムキになって回数を重ね気が付くと100ゲームもやってしまいました。

操作性もいいですし、画面も見やすいです。
digi16060611

勝つコツは?

1.配牌が極端

良い配牌と悪い配牌がはっきり分かれるような印象があります。悪い配牌のときは守備を考えて、安全牌を常に抱えながら打ちます。良い配牌・・これはもうあがってくださいと言わんばかりの配牌が来ます。そういうチャンス手のときはしっかりマンガンクラスをあがるように心掛けました。

2.CPUは面前でテンパイすればほぼ100%リーチしてくる

これはCPUのクセですね。メンゼンで張ればほぼ100%リーチをかけてきます。どんなに高い手でもどんな状況でもリーチをかけてきます。
つまりダマで急に「ロン!18000!」みたいなことがないのです。なので相手がメンゼンの場合は、リーチと声がかかるまでガンガン押せます。(たまにダマで当たることもありますが)
このCPUのクセはこちらにとってすごく有利に働きます。

3.ドラの字牌とかを切ってくる

これもCPUのクセでしょうか。こちらが鳴いてホンイツ系で仕掛けているところにションパイのドラ(字牌)を平然と切ってくることがあります。これを知っていれば、普通は出にくいドラの単騎待ちとかが有効になってきます。

あと気のせいかもしれませんが、東一局とかで躓くとその後の局ずっとツキに見放されてしまうような感じになります。そうなると、本当にどうしようもありません。やはりこのゲームでは南場までは辛抱して最後の親でリスクをとって攻めて勝つというゲームプランがいいみたいです。

戦績データ

100局打った戦績データです。
東南戦、赤牌はナシ、CPU思考は一番強いレベル3でやっています。
digi1606069

digi16060612

100回やって平均順位は2.1

立直率は22.4%
副露率が25.5%

この数字でメンゼン派ってことがわかるらしいです。鳴きを多用するタイプは立直率が15~18%、副露率が30~40%くらいになるらしいです。

和了率が24.8%、放銃率が11.8%でした。

「麻雀 天聖」の評価

ぼくは麻雀好きですが、そこまで自分は強くないと思ってます。昔はよく友人と打っていましたが、そのときも勝ったり負けたりでした。世の中強い人はゴロゴロいますからね。

そんなぼくでも上で挙げた戦績を残せるわけですから、「麻雀 天聖」は決して強くないです。でも無料ですぐに遊べる麻雀ゲームとしてはまずまず評価できるんじゃないかと思います。麻雀初心者が勝つのに苦労するのもうなずけます。

一方で、「麻雀 天聖」は麻雀を強くなるための良い練習相手になるか?と聞かれるとそれはそれで微妙です。結局CPUのクセがひどいので、どうしてもそれを利用するような打ち方になってしまいます。それだけだと実戦で役に立ちませんが、真面目に牌効率などを勉強してテンパイスピードを速めるようなトレーニングとしても使えるんじゃないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする