985gの14型ノートmouse DAIV 4Pが割引セール中

mouse(マウスコンピューター)のDAIV 4Pは2021年6月発売の14型ノート。

  • 超軽量985g
  • CPUはインテル第11世代Core i7
  • 明るいディスプレイ
  • フルサイズSDカードスロット付き

という特徴をもっています。

9月1日までの割引セール。Core i7、メモリ16GB、SSD512GBという構成で14.1万円(税込、送料込)まで値下がりしています。

6月に出たばかりの最新モデルで、これまで下がっても14.6万まででしたが、そこからさらに5千円ほど割引となっています。

持ち歩き用の画像編集(RAW現像)PCとしてはかなりおすすめの一台です。

超狭額縁のディスプレイ

DAIV 4Pで一番驚くのが、額縁(ベゼル)の細さです。

最近はどのメーカーも狭額縁のディスプレイを採用していますが、DAIV 4Pの細さがその中でトップクラス。

指の爪と比べてもらえれば、この細さがわかってもらえると思います。

額縁が細いと、画面への没入感が違います。
使ってみると、PCの画面に集中でき作業効率が上がるという感覚がありました。

ぼくの知る限り、ここまで細い額縁のディスプレイはDELLのXPSシリーズか、このDAIV 4Pくらいじゃないかと思います。

肝心のディスプレイの画質も良いです。輝度は350nitと平均よりも明るく、sRGBカバー率は100%と色域も広い液晶でした。

画像編集用としても十分な品質だと思います。

SDカードスロット付き

デジカメのデータをPCに取り込むときにあるとうれしいのがSDカードスロット。

DAIV 4PはSDカードを直接PCに挿すことができます。

microSDじゃなくてフルサイズSDスロットです。これが付いているモバイルPCは非常に少ないです。

その他、USBポートも4つとインターフェイスが充実しています。

こうしたデザインは日本のメーカーの特長で、海外メーカーだとここまで至れり尽くせりは無理です。

フォトショも快適

CPUはインテル第11世代のCore i7-1165G7で文句なし。

特にAdobeソフトとの相性が良いので、Lightroom、Photoshopなどを使って画像編集を行いたい人に向いています。

RAW現像にかかる時間は、Ryzen 7よりも速いです。

mouseの価格表示はわかりづらい

1つ気に食わない点を言わせてもらうなら、mouse(マウスコンピューター)は価格表示がわかりづらいです。

各メーカー、税込み価格で統一しているのですが、いまだに税抜き価格も表示しています。あと最終的に送料が3,300円プラスされるという仕組みも好きになれません。

少しでも安く見せたい気持ちはわかりますが、消費者の立場からすれば、わかりやすさが一番です。税込でかつ送料込の価格を大きく表示しておいてほしいものです。

まとめ

  • DAIV 4Pが9月1日まで割引セール
  • 超狭額縁のディスプレイ
  • 985gと軽い
  • SDカードスロット付き

詳細なレビューはこちらの記事へ

【レビュー】mouse DAIV 4Pは買いか!? ディスプレイ良し、性能良し、軽さ良し。

公式ストア mouse DAIV 4P

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする