DELL Inspiron 16 5625はちょっと中途半端な感じ。Inspiron 15、Inspiron 16 Plusとの比較。

DELLのInspiron 16 5625は2022年2月発売の16型ノート

  • CPUはRyzen 5 5625U、Ryzen 7 5825U
  • ディスプレイは16:10
  • 重量は1.87kg

という特徴があります。

悪くはないのですが、ちょっと中途半端な印象があります。

DELLにはすでに

・コスパ重視 ⇒ Inspiron 15 AMD
・クリエイター向け ⇒ Inspiron 16 Plus

という2機種が用意されています。

今回のInspiron 16 5625はその2つの中間に位置する機種です。

良く言えばバランス型、悪く言えばどっちつかず。
画像編集や動画編集をやりたい人なら上位のInspiron 16 Plusをおすすめします。

スペック概要

OS: Windows 11 Home
CPU: Ryzen 5 5625U、Ryzen 7 5825U
メモリ: 8GB (8GBx1)、16GB (8GBx2)
SSD: 256GB、512GB
ディスプレイ: 16インチ FHD相当 (1920×1200)
USBポート: USB-C x1、USB-A x2
インターフェイス: HDMI、SDカード、ヘッドフォン
Wi-Fi: Wi-Fi 6
Webカメラ: FHD(1080p)、顔認証なし
重量: 1.87kg

OSは最新のWindows 11を搭載。

CPUは6コア12スレッドのRyzen 5 5625U、8コア16スレッドのRyzen 7 5825Uの選択となっています。

Ryzen 5のプレミアムモデルなら7.6万(税込、送料込)
Ryzen 7のプラチナモデルなら10.2万(税込、送料込)です。

CPUはZen3アーキテクチャ、ベンチマークはまだ出ていませんが、Ryzen 5 5600UやRyzen 7 5800Uと同様に高い性能が期待されています。

他のCPUと比較すると

Ryzen 7 5700U < Ryzen 7 5825U < Core i7-11800H

同じRyzen 5000シリーズでは上位ですが、末尾HのインテルCore i7よりも下となります。

またRyzen 5 5625Uを選択した場合のメモリは8GBのみでしかもシングルチャネルなので、用途としてはビジネス利用までです。メモリが足を引っ張る形になってCPU性能をフルに発揮できないので注意しましょう。

つまり普段使い用で買うなら

・Ryzen 5でOK
・それなら2021年モデルのInspiron 15 AMDの方がコスパはいい

ということになります。

Inspiron 15やInspiron 16 Plusとの比較

Ryzen 7 5825U、メモリ16GBを選択した場合の比較です。

Inspiron 15が一番安く9.0万。
Inspiron 16 Plusが一番高く14.0万。
そして今回のInspiron 16が中間の10.2万です。

価格を見てわかるようにInspiron 16はInspiron 15に寄っています。

性能重視なら断然Inspiron 16 Plusです。
ディスプレイもクリエイター向けのディスプレイを積んでいます。

Inspiron 16は250nit、sRGBカバー率63%なので、画像編集用としては物足りません。

当サイトの推奨は

・画像編集、動画編集なら

Inspiron 16 Plus

・価格を抑えたいなら

Inspiron 15 AMD

どちらかに決めた方が良いと思います。

参考記事

Inspiron 15はこちらのレビュー記事を参考に

DELL Inspiron 15 AMDは2020年4月発売のノートPC。 15.6インチ1.64kgの据え置き用ノートCP...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする