HP ENVY x360 13-bf (2022年モデル)はちょっと中途半端な感じ。Pavilion Plus 14との比較。

HP ENVY x360 13-bfは2022年9月発売のノートPC

  • 360度回転パネル、タッチ対応
  • CPUは省電力タイプのCore i5-1230U、Core i7-1250U
  • ディスプレイは2.8Kの有機EL
  • Enterキーが右端に(改善された!)
  • 重量は1.33kg

という特徴があります。

従来のENVYはキーボードのEnterキーが右端になかったのですが、それが今回改善されて右端にEnterキーが来る配列になりました。

上の写真は旧モデルのENVYです。

この配列が嫌で買うのを諦めた人も多いはず。キーボード問題が改善されたのはとても良いニュースです。

ただ、スペックや重量などでは物足りなさを感じてしまいます。

1.33kgは13インチとしてははっきり重いです。
CPU性能も悪くはないですが、手放しで褒めるほど良くはないです。
価格も13万~とけっこう高いです。

第一印象はちょっと中途半端だな~と思ってしまいました。

HPは上から

・Spectre
・ENVY
・Pavilion
・HP

とシリーズごとにランク付けがあります。

2022年は1つ下のPavilionがPavilion Plusというちょっとランクの高いPavilionを作ったせいで、ENVYとPavilion Plusの差が小さくなっています。Pavilionでもいいかと思う人が増えるのではないかと予想します。

スペック概要

CPU: Core i5-1230U、Core i7-1250U
メモリ: 8GB、16GB
SSD: 512GB
ディスプレイ: 13.3インチ 2.5K (2560×1600) or 2.8K (2880×1800)、OLED、タッチ対応
USBポート: Thunderbolt 4 x2、USB-A x1
インターフェイス: microSD、ヘッドフォン
Webカメラ: 500万画素 IR
顔認証あり、指紋認証なし
バッテリー: 66Wh
重量: 1.33kg
ペンは別売り

カラーはナチュラルシルバー。

これまでのENVYはブラックでしたが、今回は明るめのシルバーです。

CPUはのCore i5-1230U、Core i7-1250Uを搭載。省電力タイプのCPUでTDP(熱設定電力)は9Wですが、本機では28W前後で動作するようです。

つまり、予想以上に性能は高いです。

まだサンプルが少ないのではっきりとはわかりませんが、

Core i7-1260P > Core i7-1250U > Core i5-1230U > Core i7-1165G7

という感じでしょうか。

2021年のCore i7よりも高いパフォーマンスが期待されます。

ディスプレイは有機ELです。

・13.3インチ
・2880×1800 px
・アスペクト比 16:10
・光沢、タッチ対応
・輝度 400nit
・色域 sRGB 100%、AdobeRGB 99%
・リフレッシュレート 90Hz

とクリエイター向け仕様になっています。

Core i5-1230U
メモリ16GB
SSD 512GB

という構成で14.5万(税込、送料込)

有機ELディスプレイという点を考慮してもちょっと高めかなと思います。

Pavilion Plus 14-ehとの比較

HPのPavilion Plus 14も有力な一台。

・2.8Kの有機ELディスプレイ
・重さも同じ1.33kg
・しかもCPUは上位のCore i5-12500H

です。

違いがわかりやすいように表にまとめてみました。

ENVYはタッチ対応。ペンでイラストを描きたい人はENVYです。
USB-Cも高速なThunderbolt 4に対応しています。
そして冒頭に書いたとおり、Enterキーがちゃんと右端に位置しています。

PavilionはまずCPU性能が大きく上回っています。
USB-Cポートの速度は10GbpsなのでThunderboltの1/4の速さですが、充電OK、映像出力OKです。HDMIがあるのも助かります。

9月4日時点では、Pavilionが1万ほど安いです。

性能重視ならPavilion Plusがおすすめですし、安さでもPavilion Plusです。

HPストア Pavilion Plus 14-eh

まとめ

ENVYはクリエイター向けPCとしては性能が物足りないですし、モバイルPCとしても1.33kgと重いです。普通のビジネスノートとしても価格が高め。どういうポジションなのか、はっきりしないのが弱点かなと思いました。

ただ特化型でないので、逆にいろんな用途に対応可能という見方もできます。

クリエイティブ作業も一応こなせて、キーボードも良い。CPUの発熱が抑えられているので、熱や音の問題がないのも大きいです。バッテリーも長持ちしそうです。

細かい使い勝手はPavilionよりもENVYが上です。

本記事を書く直前までは、「絶対、Pavilionの方がいい!」という論調で行こうと思っていましたが、書いていくうちに、「まあENVYもありかも・・」と考えが揺らいでいます。

できればもう少し安いといいんですけどね。

HPストア ENVY x360 13-bf

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする