HP 14s-fqがだいぶ安くなった。Ryzen 3モデルが5.9万円

HPの週末セールでHP 14s-fqが安くなってますね。

AMD Ryzen 3 5300U搭載モデルが5.9万

ねらうならこのモデルでしょう。

発売当初は8万したモデルですが、その後6万円台まで値下がりしてきて、今回ようやく5.9万まで下がりました。

当サイトでは以前このように書いています

少なくともInspironやIdeaPad 500番台よりも安くないとダメです。格上のInspironやIdeaPadが5~6万で売られているわけですから、HP 14s-fqのRyzen 3モデルも5万円台じゃないと厳しいでしょう。

ようやくDELLやLenovoと比較できるくらいの価格まで来たということです。

コスパが悪化していたHPがようやく復調気配。ユーザーからすれば歓迎すべきニュースです。

厳密に言えば、まだLenovo IdeaPad 550の方がちょっといいかなと思いますが、HP 15sも悪くないです。

今回のセールでは

CPU: Ryzen 3 5300U
メモリ: 8GB
SSD: 256GB
ディスプレイ: 15.6型 FHD、IPS
マウス付き

という構成で5.9万円(税込、送料込)です。

普段使いまでなら快適にこなしてくれる性能です。

IdeaPad Slim 550との比較

IdeaPadの方が少しいいって本当?って思う人がいるかもしれません。

なので表にまとめてみました。

主な差はディスプレイと材質、そしてキーボードです。

IdeaPadの方がディスプレイが明るく、また反射の少ない非光沢タイプです。天板にはアルミ合金を使用しており、HP 14sよりも頑丈さが違います。

それがキーボードの打鍵感に影響しています。キーボードを打ちやすさにこだわるならIdeaPadの方が良いです。

Webカメラにはプライバシーシャッターが付いており、使わないときにカメラを隠しておけます。

HP 14sが唯一勝ってるのは重量。
ボディが樹脂製(再生プラスチック)なので軽いのが特長です。

総合的に見れば、IdeaPadが上です。
項目別の比較では4勝1敗でした。

ただIdeaPad 550 14型はRyzen 3モデルがちょうどいま在庫切れ

注文が増えるこの時期(3月)は納期が不安定になりがちなので、このタイミングで買うならHP 14s-fqがおすすめです。

HPストア週末セール HP 14s-fq

時間に余裕がある人はIdeaPadがおすすめです。

Lenovoストア IdeaPad Slim 550 14型 (AMD)

またRyzen 5以上にしたいなら、それこそIdeaPadやDELLのInspironといったところが強いのでそちらを推奨します。

まとめ

  • HPが復調気配(一時期よりコスパが良くなっている)
  • とは言え、ミドルスペックではまだLenovoやDELLが強い
  • 納期など条件が合えば、HPを選ぶのもアリ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする