Lenovoの本気。Ryzen 5 4500U搭載で5.9万きた。

2021年の後半は在庫切れで値上がり傾向だったLenovoのPCですが、2022年はだいぶ供給量が回復しているようで安さが目立ちます。

売れ筋のIdeaPad Slim 550 14型の価格を見てみると、5.4万~6.3万という価格。

左からRyzen 3 5300U、Ryzen 5 4500U、Ryzen 5 5500Uというスペックです。

4500UだけCPUの世代が1つ古いですが、ボディのデザインは同じです。

CPUのPassMarkベンチマークスコアは以下のとおり。

シングルコアでは4500Uと5500Uでそこまで差はありません。このスコアは普段使いの快適度に効いてきます。普段使いまでなら4500Uでもアリだと思います。

もちろん5300Uでも十分性能は良いです。
5300Uなら5.4万とさらに安いです。

ただ4500Uよりもシングルコアの差が少しあるので、

5300U < 4500U

であることは確かです。

正直この辺はどれも似たり寄ったりなので、どれを選んでもそんなに変わりません。

できることは

〇ネット
〇動画視聴
〇Web会議
〇ワード、エクセル
△画像編集
×動画編集
×ゲーム

といった感じで、その快適度が80点か85点かぐらいの差でしかありません。

選ぶとするなら納期の早いものを選ぶのがベスト、もし同じ納期ならOSで選びましょう。

新しいWindows 11がいい

⇒ 5300Uか5500U

馴染みのあるWindows 10がいい

⇒ 4500U

となります。

Lenovoの安いときはどこよりも安いです。DELLよりも安いです。
買って損することはまずないです。

Lenovoストア IdeaPad Slim 550 14型

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする