IdeaPad Slim 350i 14 (第11世代インテル)はやめとけ。同じIdeaPadの550iやThinkBook 14がおすすめ。

LenovoのIdeaPad Slim 350i 14 (第11世代インテル)は旧モデルの350i 14の中身を第11世代へ刷新したモデルです。

価格は安いのですが、欠点も目立つので当サイトでの推奨度は低いです。

スペックを見ながらその理由を説明していきます。

スペック概要

CPU: Core i3-1115G4、Core i5-1135G7、Core i7-1165G7
メモリ: 8GB
SSD: 256GB、512GB
ディスプレイ: 14型 FHD TN液晶
USBポート: USB3.0 x2、USB2.0 x1
インターフェイス: SDカード、HDMI、ヘッドフォン
重さ: 1.5kg

2021年2月時点での価格はCore i3モデルが4.7万円。
Core i5モデルは6.4万円。Core i7モデルは8.5万円となっています。

Core i3が4万円台で買えるというのが魅力です。

欠点その1

一番気になるのはディスプレイの質です。

通常はIPS液晶と言って視野角の広いタイプのものが使用されますが、IdeaPad Slim 350i 14はIPS液晶ではなくTN液晶。コストを抑えた液晶になっています。

解像度はFHD(1920×1080)と悪くないのですが、TN液晶は明るさや視野角が絶望的に悪いことがよくあります。

動画鑑賞には向かないディスプレイです。

動画は兄弟機のIdeaPad Slim 350 (AMD)のディスプレイ。ちょっと角度を付けると、視認性が悪化しているのがわかります。

欠点その2

2つめはUSB-Cポートがないという点です。

代わりに転送速度の遅いUSB2.0が1つ付いています。

Ideapad Slim 350i 14
⇒ USB3.0 x2、USB2.0 x1

Ideapad S340 (2019年発売モデル)
⇒ USB3.0 x2、USB-C x1

USBポートの仕様は2019年に出たモデルの方が上です。2020年になってグレードダウンしました。

以上2つの欠点は、かなり大きなマイナス点だと思います。

IdeaPad 300番台と500番台

ぼくの結論は

IdeaPad 300番台はやめとけ

です。

安いからいいじゃんという人もいるかもしれませんが、ぼくはそう思いません。

なぜなら、IdeaPadシリーズには1つランクが上の500番台があり、その出来が良いからです。

300番台より少しだけ高いですが、イチオシはIdeaPad Slim 550i 14です。

基本スペックは、350iとほぼ同じ。こちらもインテル第11世代へとCPUが刷新されています。しかも上で挙げた350iの欠点が、550iにはありません。

1.ディスプレイ

IPS液晶
輝度は300nitと明るい
sRGBカバー率100%、色域も広い

2.UBSポート

USB-Aが2つとUSB-Cが1つ。USB-Cはモバイルバッテリーから充電可能。

350iと550i、価格差はそこまで大きくないです。

Core i3モデル(型番:82FE00A9JP)だと5.5万円とかなりの安さです。

しかもメモリ8GB、SSD256GBというバランスのとれた構成が可能です。Core i3-1115G4の性能は高く、2年前のCore i5相当です。ネット、動画鑑賞、資料作成といった基本的な作業はもちろん、画像編集(RAW現像)も可能なスペックとなっています。

しかし2月10日現在このモデルは在庫切れになっています。

Core i5モデル(型番: 82FE00ACJP)だと価格は6.6万円です。


350iのCore i5モデルが6.4万でしたから、価格差は2千円しかありません。
こちらのモデルは短納期モデルで在庫があります。

IdeaPad Slim 550i (14)のスペック詳細へ

ThinkBook 14 Gen2

Lenovoの同じ14型でThinkBook 14 Gen 2という機種もおすすめです。

・Core i3-1115G4
・メモリ 8GB
・SSD 256GB

という構成で6.5万円です。

・ディスプレイ: 14型 FHD、IPS液晶、300nit
・USBポート: USB-C x2 (1つはThunderbolt 4)、USB-A x2
・インターフェイス: HDMI、有線LAN(RJ-45)、SDカード、ヘッドフォン
・Wi-Fi: Wi-Fi 6対応
・重さ: 1.4kg

ThinkBookもディスプレイは優秀。
そしてUSBポートの仕様は、IdeaPad Slim 550iよりも上です。

Lenovo公式 ThinkBook 14 Gen2

まとめ

  • IdeaPad Slim 350iはやめとけ
  • おすすめはIdeaPad Slim 550i
  • ThinkBook 14 Gen 2も良い
  • 在庫があるやつを早めにおさえておこう

5万~7万くらいのコスパの良い機種はとても人気です。そのため、納期が遅れ気味だったり、在庫切れになってしまったりすることも多いです。

購入スケジュールは余裕をもって。
在庫があるときに早めに注文しておくのが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする