IdeaPad Slim 560i Proはまだ買うな!? Core i7 + メモリ16GBのモデルの在庫が回復するのを待とう。

LenovoのIdeaPadシリーズでいま注目しているのがIdeaPad Slim 560i Pro。

  • IdeaPad Slim 550をさらに高級にしたモデル
  • 14型 2.2K液晶(2240×1400)、非光沢
  • SDカードスロット付き
  • 重量1.38kg

という特徴があり、クリエイティブな作業向けPCとしては最強コスパを誇るPCとなりそうなのですが、いかんせんまだ在庫が不安定です。

5月5日時点では、在庫のあるモデルでも3か月待ち。
そしてみんなが最も欲しいと思われるCore i7のモデルが在庫切れとなっています。

このモデルを狙っているのはぼくだけではないはず。

Yogaシリーズにも似たモデルはありますが、

・10万を切る価格
・SDカードスロット付き

という条件ではこの560i Proが唯一無二なんですよね。

Core i5じゃなくCore i7がおすすめ

Core i5
メモリ8GB
SSD 512GB

という構成が93,262円(税込、送料込)

Core i7
メモリ16GB
SSD 512GB

という構成が99,528円(税込、送料込)

表をみるとわかりますが、価格差が6千円でCPU、メモリがアップグレードされるので非常にお得です。

最初に書いたように560i Proは画像編集などクリエイティブな作業用のPCなので、メモリは16GBあった方が快適です。

メモリ16GBにするための必要条件はCPU=Core i7なので、Core i7がおすすめということです。

ちなみにCore i7モデルのオフィス付きはすでに販売されていて3か月待ちとなっています。

ぼくはオフィス不要派なので、12.3万するオフィス付きモデルは買いません。いつになるかわかりませんが、10万切りとなるCore i7モデルの在庫が回復するのを待つことにします。

Lenovo公式ストア IdeaPad Slim 560i Pro

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする