Ryzen 7搭載の15.6型ノートASUS VivoBook S15 M533IA。悪くはないが、もう少し値下がりを待ちたい

ASUSのVivoBook S15 M533IAは15.6型1.8kgのスタンダードノート

CPUにRyzen 7 4700Uを搭載してパワーアップしたVivoBookの新モデルになります

安い構成だと10万を切ってくるので、けっこう人気が出そうなモデルですが、気になる点もあります。

スペック概要

CPU: AMD Ryzen 7 4700U
メモリ: 8GB、16GB
SSD: 512GB、1TB
ディスプレイ: 15.6インチ FHD(1920×1080)、非光沢
USBポート: USB-C x1、USB-3.0 x1、USB2.0 x2
インターフェイス: HDMI、microSD
バッテリー: 10.7時間
重さ: 1.8kg
オフィス: WPS Office Standard Edition or Microsoft Office H&B 2019

CPUは最新のRyzen 7 4700U(8コア)。

IntelのCore i7-10510UやCore i7-1065G7よりも遥か上のパワーを持っており、Core i7-10750Hに迫るくらいのベンチマークスコアを叩き出していることで評判です

このCPU性能を活かすならメモリは16GBあってもいいかなと思います

Amazonでは9月13日現在

メモリ8GB、SSD512GB ⇒ 99,800円
メモリ16GB、SSD1TB ⇒ 125,821円

という価格になっています

バッテリーライフは10.7時間と短めです

持ち歩きするタイプのノートPCではないですが、もし持ち運びしたいという人は注意しておきましょう

使い方にもよりますが、Ryzen 7の性能をがっつり活かすような使い方だと3~4時間くらいしかバッテリーがもたない可能性があります

インターフェイスは少し不満

USBポートは全部で4つありますが、2つは転送速度の遅いUSB2.0です

あと15.6型ですが、フルサイズのSDカードスロットはなくてmicroSDカードスロットです

ASUSとしては「充実のインターフェイス」と自信を持ってますが、15.6型ノートとしては平均レベル、または平均以下といった感じというのが率直な感想です

DELL Insprion 15 5505との比較

・15.6型
・Ryzen 7 4700U搭載

という条件で探すとDELLのInsprion 15 5505が候補の一番手に挙がるでしょう

メモリ8GB、SSD512GBという構成で比較してみると以下のようになります

DELL Insprionの安さに驚きます。

VivoBookが10.0万でけっこう安いと思ってましたが、Insprionは7.8万です

Insprionの品質が悪いとかそういうことはなく、とにかくDELLが安いです

特にこだわりがないのであれば、DELLのInsprion 15 5505をおすすめします

DELL Inspiron 15 5505 スペック詳細へ

VivoBookの方は、メモリ16GB、SSD1TBという構成が可能です

意外かもしれませんが、Ryzen 7搭載でこの組み合わせが可能な15.6型ノートは少ないです

あとVivoBookは今後値下げがあるんじゃないかと思ってます

ASUS ノートパソコン VivoBook S15 M533IA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする