ASUSの15.6型ノートがRyzen 7 4700U搭載で8万円台

ASUS VivoBook S15 M533IAは2020年9月発売のモデル。

  • 15.6型のスタンダードノート
  • Ryzen 7 4700U搭載で高性能
  • 8.7万円(税込、送料込)

という特徴をもっています。

発売当初は10万近くしたので、「悪くはないが値下がりを待ちたい」と評価しました。

ASUSのVivoBook S15 M533IAは15.6型1.8kgのスタンダードノート CPUにRyzen 7 4700...

現在は、ASUSストアで生活応援キャンペーンをやっており、

10.0万 ⇒ 8.7万

まで値下がりしています。

スペック概要

・CPU: AMD Ryzen 7 4700U
・メモリ: 8GB
・SSD: 512GB
・ディスプレイ: 15.6インチ FHD(1920×1080)、非光沢
・USBポート: USB-C x1、USB-3.0 x1、USB2.0 x2
・インターフェイス: HDMI、microSD、ヘッドフォン
・バッテリー: 10.7時間
・Wi-Fi: Wi-Fi 6対応
・重量: 1.8kg
・オフィス: WPS Office Standard Edition

CPUはRyzen 7 4700Uで文句なし。

オフィスソフトはWPS Office。Microsoftと互換性のあるソフトです。

メモリは8GBなので、本格的な画像編集や動画編集には向かないと思います。
RAW現像はパラメーターをいじるくらいの簡単な調整くらいでしょう。

ゲームも軽めのゲームに限定されます。

目安としては、

○ネット、動画鑑賞
○オフィス系ソフトで事務作業
○Web会議
△画像編集(RAW現像)
△動画編集
△ゲーム

という感じになるかと思います。

インターフェイス

USBポートは全部で4つありますが、2つは転送速度の遅いUSB2.0です。

あと15.6型ですが、フルサイズのSDカードスロットはなくてmicroSDカードスロットになっています。

ASUSとしては「充実のインターフェイス」と自信を持ってますが、15.6型ノートとしては平均レベル、または平均以下といった感じというのが率直な感想です。

カラー

カラバリは3種類。ブラック、レッド、ホワイトです。

無難なブラックか、明るいホワイトがおすすめです。

まとめ

  • Ryzen 7 4700U搭載で性能良し
  • インターフェイスは少し弱い
  • 15.6型ノートとしては「中の中」
  • キャンペーン期間中で安い

VivoBook S15 M533IAはそこまで長所があるというわけではなく、15.6型ノートとしては平均的です。

しかしこの価格帯のパソコンはどこも在庫が少ない中、ASUSのVivoBookは現在在庫があるようなので、15.6型ノートを探している人はチェックしてみてください。

ASUS公式ストア VivoBook S15 M533IA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする