Lenovo Yoga 650にRyzen 5 PRO 4650U搭載モデルが出た。

LenovoのYoga 650はAMD Ryzenの4000シリーズを搭載した13.3型2-in-1。

コスパが良いということで2週間前に紹介しましたが、最近そのラインナップに新しいモデルが加わりました。

それがRyzen 5 PRO 4650U搭載のモデルです。

Lenovoの公式ストアに行くと、一番左に載っています。

すぐ隣にはRyzen 5 4500U搭載のモデルもあって、同じRyzen 5なのでどっちがいいの?ってなる人もいることでしょう。

そこで今回はRyzen 5 PRO 4650Uの性能、価格、納期についての情報をまとめておきます。

スペック概要

型番: 82FN0055JP
CPU: AMD Ryzen 5 Pro 4650U
メモリ: 8GB
SSD: 256GB
ディスプレイ: 13.3インチ FHD(1920×1080)、光沢、タッチ対応
USBポート: USB-C x2、USB-A x2
インターフェイス: ヘッドフォン
Wi-Fi: Wi-Fi 6対応
バッテリー: 21.5時間
重さ: 1.32kg
ペン付属

CPUがRyzen 5 Pro 4650Uになるだけで基本的なスペックは他のモデルと同じです。

Ryzen 5 Pro 4650Uのベンチマーク

有名なPassMarkのベンチマークスコアは以下のとおり。

簡単に言うと、Ryzen 5とRyzen 7の中間です。

Ryzen 5 Pro 4650Uは6コア12スレッド。コア数はRyzen 5 4500Uと同じですが、スレッド数が12で、4500Uの2倍あります。それゆえ、ベンチマーク上では4500Uよりも優秀なスコアが出ます。

ただスコア差は15%程度なので、そこまで気にする必要はないです。実際に使ってみても4500Uとそんなに変わらない、違いはわからないというのが本音でしょう。

価格や納期の比較

Lenovoストアに行くと、

 Ryzen 5 Pro 4650Uモデル:7.6万
 Ryzen 5 4500Uモデル: 7.8万

と表示があり、若干ですが4650Uの方が安いように見えます。

しかし実際には逆で4500Uの方が安いです。

4500Uモデルの方は、新生活応援対象商品のため、上記の価格よりもさらに値引きされます。

値引き後の価格はこうなります。

 Ryzen 5 Pro 4650Uモデル:7.6万
 Ryzen 5 4500Uモデル: 7.2万

差は小さいですが、4500Uは7.2万円まで値下がりします。

1月30日現在、在庫も安定しているので、いま買うなら4500Uの方がおすすめです。

今後、4650Uの価格が下がったり、4500Uの納期が遅れたりするようなことがあれば、そのときは4650Uを買うといいでしょう。

まとめ

  • Ryzen 5 4500Uよりも4650Uの方が性能は若干上。
  • 価格は4500Uの方が安い(キャンペーン中なので)
  • どちらもコスパは抜群なので、納期と安さで決めると良い。

Lenovoの新生活応援キャンペーンについて補足しておくと、

対象商品を買えば誰でも割引
新生活を始める人じゃなくてもOK
面倒な手続きなし
専用の割引クーポンを使って買い物するだけ
期間は2021年5月9日までと長め

というキャンペーンです。

専用の割引クーポンはこちらに掲載されています。

Lenovo新生活応援キャンペーン セール会場

Ryzen 5 4650Uの方がいいという人はこちらから。

Lenovo公式ストア Yoga 650のモデル一覧

◆関連記事

本当に発売されるのだろうか? 2020年10月に発表されて公式ストアに価格も提示されていたにもかかわらず、最初からずっと「在庫切れ」...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする