Lenovo Yoga Slim 750i (14)が発売。同じ14型のIdeapad Slim 550と比較してみた

Lenovoの新しいYogaシリーズとしてYoga Slim 750i (14)が発売されました。

今回は

1.Yoga Slim 750i (14)
2.Yoga Slim 750i (15)
3.Yoga Slim 750

と3種類のYogaが発表されたわけですが、その中で3番目のYoga Slim 750は量販店モデルとなっており、Lenovoのオンラインストアで買えるのは1と2のみです

スペック概要

CPU: Core i5-1035G4、Core i7-1065G7
メモリ: 8GB、16GB
SSD: 512GB
ディスプレイ: 14型 FHD(1920×1080) 光沢なし 300nit
USBポート; USB-C x2 (内1つはThunderbolt 3)、USB-A x1
インターフェイス: HDMI、microSDカード、ヘッドフォン
Wi-Fi 6対応
バッテリーライフ: 23.7時間(Core i5)、18時間(Core i7)
重さ: 1.36kg

750iと末尾に「i」が付いていることからわかるように、CPUはIntelのCore iシリーズです。第10世代IceLakeのCore i5とi7を搭載しています。

14型で重さは1.36kg
まずまずの軽さですが、持ち運び用としては若干重めです

バッテリーライフは優秀で、Core i5モデルだと23.7時間という長時間バッテリーです(JEITA2.0の条件で)

もし明るさMAX、Wifi環境下で動画を見続けたとしても10時間~11時間くらいはもってくれるでしょう。

バッテリーか軽さか

バッテリーライフが優秀なのはいいんですが、日本だとそれよりも軽さ重視の傾向があります

1.4kg 長時間バッテリー
1.2kg 平均的なバッテリー時間

を比べると、日本なら軽い1.2kgが人気になると思いますが、欧米では1.4kgの長時間バッテリーが好まれるようです

Yoga Slim 750i (14)は1.36kgという重さが微妙で、そのためLenovoの14型Ideapad Slim 550と比較したとき、総合的にIdeapadの方が上かなと判断する人も少なくないでしょう

Ideapad Slim 550 (14)との比較

同じ14型のYoga SlimとIdeapad Slimを比べてみました

価格はメモリは8GB、SSDは512GBでの価格です

Ideapad Slim 550の方はCPUが人気のAMD Ryzen 4000シリーズ。Ryzen 5 4500UのCPUスコア(ベンチマークスコア)はかなり優秀で、Intel Core i5を大きく上回ります。

Yoga Slimが上回っているのは、

・薄さ
・軽さ
・バッテリーライフ
・Wifiの規格

ですが、バッテリー以外の項目での差は微小です

価格は9.6万と6.4万。
3万以上の差があるので、コスパ的には断然Ideapadが良いです

厳密に言うと、タッチパッドの操作性やディスプレイの色再現性も少しYoga Slimが上だと思いますが、3万の差を埋めるほどではないでしょう。

結局、Yoga Slimは長時間バッテリー。これをどのくらい重視するかで評価が決まります。

ぼくの場合、PCはほとんど自宅で電源につないで使うので、Ideapad Slimにするでしょう。

Ideapad Slim 550 (14)のスペック詳細へ

Yoga Slimも比較相手が最強コスパのIdeapadだからちょっと割高に見えるだけで、相場から言えば、納得のプライスだと思います

Lenovo公式ストア Yoga Slim 750i (14)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする