15.6型 Lenovo Yoga Slim 750i (15) フルサイズSDカードスロット付き

Lenovo Yoga Slim 750i (15)は15.6型のスタンダードノート

LenovoのYogaシリーズは、Ideapadシリーズを高級したモデルと考えておけばいいでしょう。そのYogaの新モデルとしてまずはYoga Slim 750i (15)を紹介します

スペック概要

CPU: Core i5-1035G4、Core i7-1065G7
メモリ: 8GB、16GB
SSD: 512GB
ディスプレイ: 15.6型 FHD(1920×1080) 光沢なし 300nit
USBポート; USB-C x2 (内1つはThunderbolt 3)、USB-A x1
インターフェイス: HDMI、フルサイズSDカード、ヘッドフォン
Wi-Fi 6対応
バッテリーライフ: 16時間
重さ: 1.68kg

750iと末尾に「i」が付いていることからわかるように、CPUはIntelのCore iシリーズです。

第10世代IceLakeのCore i5とi7を搭載しています。

SSD容量は512GBで統一。

ディスプレイはFHDで輝度は300nitとまずまず明るい液晶となっています

重さは1.68kgと15.6型としてはけっこう軽いです

ちなみに以前までYogaという名前は変形2-in-1タイプのPCに付けられてた名前ですが、今回のYoga Slim 750iはオーソドックスなクラムシェル型です

フルサイズSDカードスロット

おっと思ったのはフルサイズのSDカードスロットが付いてる点です。

デジカメ用のSDカードを直接挿すことができるので、画像データを頻繁に取り込む人には便利なインターフェイスです。

最近は15.6型と言っても、このSDカードスロットが付いていないことが多いですから貴重な存在と言えます。

同時期発売のYoga Slim の14型の方にはmicroSDカードスロットが付いています
microSDの方は、デジカメ用のデータ転送に対応してません。

microSDとフルサイズSDの差。気にしない人は気にしないけど、気にする人はめっちゃ気にする所ですね。

Ideapad Slim 550i (15)との比較

同じLenovoの15.6型ではすでにIdeapad Slim 550i (15)が発売されています

Core i5-1035G1
メモリ8GB
SSD 512GB

で7.5万円です

YogaがIdeapadより安いってことはあり得ないですから、Yoga Slim 550iは9万円前後になりそうです。

ぼくがいくつか実際に使ってみた感じだと、YogaがIdeapadより優れている点は、

・スピーカーの音質
・タッチパッドの滑らかさ
・ボディの薄さ、高級感
・ディスプレイの綺麗さ

といったところでしょうか

他にも今回の件だけで言えば

・wifi-6に対応
・USB-CがThunderbolt 3

といった違いもあります

ただ基本的な性能はほぼ変わりませんから、安いIdeapadも十分ありです。

価格差が2万くらい離れるならIdeapadにしてもいいかなとぼくは思います

しかしIdeapad Slim 550i (15)はかなり人気で、現在(9月1日)2ヶ月待ちという状況。

もしYoga Slim 550i (15)がそこそこ安いなら、早めに購入した方がいいでしょう。

発売は9月4日です

オンラインストア Lenovo Yoga Slim 550i (15)

◆参考

ThinkPadやIdeapadなどレノボのパソコンには、必ず割引クーポンがあります この割引クーポンで注意すべき点、それは同じ製品...
LenovoのIdeaPad Slim 550i (15)は15.6型の据え置き用ノートです Ideapadの500番台は7...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする