995gのZenBook 14 Ultralightが21%の値下げ!

ASUSのZenBook 14 Ultralight UX435EALは2021年6月発売のモデル。

  • 14型ながら995gの軽さ
  • バッテリー駆動時もパフォーマンスが落ちない
  • 明るいディスプレイ
  • 長時間バッテリー

という特徴があります。

10月にレビューしたときは価格がちょっと高めの14万でした。

それが現在は11万(正確には109,800円)まで値下がりしてきてます。

14万 ⇒ 11万

軽いビジネス用ノートを探している人には朗報です。

スペック概要

・Windows 10 Home 64bit
・CPU:Core i7-1165G7
・メモリ:8GB (4GB x2)LPDDR4X-4266
・SSD: 512GB
・ディスプレイ:14型 (1920×1200) 、非光沢、IPS
・USB: USB-C x2 (Thunderbolt 4)、USB-A x1
・インターフェイス:HDMI、microSDカード、ヘッドフォン
・Wi-Fi: Wi-Fi 6対応
・重量: 995g

上記の構成で11.0万(税込、送料込)
1.0kgを切るPCとしてはなかなかの安さです。

CPUはインテル第11世代のCore i7。
ふつうこのCPUならメモリは16GBあることが多いですが、本機はメモリ8GBです。普段使いやビジネス利用がメインとなるスペックです。

目安を簡単にまとめておくと

○ネット、動画鑑賞
○オフィス系ソフトで事務作業
○Web会議
△画像編集(RAW現像)
×動画編集
×ゲーム

という感じになります。

軽くて丈夫

995gの軽さ。
持ち歩き用として最適です。

手に持っても軋むことはなく、頑丈な作りになっています。それもそのはず、本機は米国軍事規格であるMIL-STD-810Hをクリアしています。

ディスプレイ

・FHD (1920×1080)
・非光沢
・IPS

という仕様。

縦横比は主流の16:10ではなく16:9です。

映り込みが少なく見やすいディスプレイです。

・輝度(明るさ) 400nit
・色域 sRGBカバー率 100%

非常に明るく、また色再現性も高いです。

モバイルノートなので当然外に持ち出すことが多いと思いますが、昼間のカフェなど明るい場所でもディスプレイが見やすくなっているのは良い点です。

また上部のWebカメラは顔認証対応です。

その他の特徴

長時間バッテリー
バッテリー容量は63Whrとかなり大容量。他メーカーのモバイルノートよりもバッテリーのもちは良いです。

Thunderbolt 4が2つ
USB-CポートはThunderbolt 4に対応しています。高速、typeC充電OK、映像出力OKと万能です。

HP Pavilion Aero 13との比較
先日レビューしたPavilion Aero 13は957g。比較すると、ボディの作り、UBSポートの種類、バッテリーではZenBookの方が上かなと思います。

まとめ

  • 995gの王道モバイルノート
  • メモリ8GBが惜しいがビジネス利用までは問題なし
  • ディスプレイ良し、バッテリー良し
  • 10月までは14万したモデルが11万に

ASUSは現在ゆく年くる年キャンペーンセール中。購入の際は専用のクーポンを使用してください。

ASUSストア ZenBook 14 Ultralight

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする