ネット回線、Nifty光が急に激遅に!20年前に逆戻りしたかと思うレベルだ。

NTTフレッツ光 + Niftyという契約でこれまで大きなトラブルもなく過ごしてきたネットライフが突然大きなトラブルに見舞われたのは2017年4月7日の午後でした。

有線でも無線でもネットの回線が遅く、Yahooのトップを開くにも10秒近くかかる始末です。

BNR スピードテストで回線速度をチェックすると、下りの速度が50 Kbpsでした。

それは目を疑う遅さでした。

Kbpsです・・「Mbps」じゃないんですよ。

なんすか、この速度は?

何度試しても同じでした。

2017年の東京都港区でこんなことが起こるなんて・・・

結論から言うと、ルーターの電源を引っこ抜いて、再度挿すと直りました。ぼくと同じ現象で困ってる人はルーターの再起動を試してみるといいでしょう。1回でダメでも何度か試してみてください。

以下は、今回のトラブルの経緯とぼくがやった対処方法です。

考えてみると、以前より速度低下の兆候はありました。

画像をたくさん掲載している記事を開くのに時間がかかったり、Kindleで電子書籍をダウンロードするのに時間がかかったりしてました。覚えてる限りでは1か月前ぐらいからそういう症状が出ていました。

しかし通常のネット閲覧であれば、そこまでストレスを感じなかったので、ちょっと回線が混雑しているのかな~ぐらいにしか思っていなかったのです。

ところが4月7日には通常のネットすらままならないレベルに悪化し、ようやく「これは絶対おかしい!」ってことに気付きました。

悪化してから慌ててネットで対策を調べようとしても、ページが開けません。開くのに時間がかかってしまうからです。

これは困った。

混み合う時間帯だけならまだしも、昼間から深夜までずっと遅いのです。しかもその速度は20年前のADSLかってくらいの恐ろしい遅さ。ネットでは夜間に「1Mbps」になるってぐらいで遅い遅いと文句を言っているレベルですが、ぼくの所ではその1/20の速度の50Kbpsなのです。

これはスマホで調べた方が速いってことで、スマホの回線で調べたところ、ngn速度テストってやつを知ります。これはプロバイダーを介さない速度テストで、これをやると普通に75Mbpsという速度が出ていました。

つまり、犯人はプロバイダー、つまりNiftyということが判明したのです。

しかし犯人= Niftyがわかっても、対策がないのです。

ルーターの再起動は1回試しましたが、速度は変わらず遅いままでした。

パソコンの再起動も何度か試しました。イーサネットコネクションのドライバ更新もやりました。我が家にある複数のPCのネットが遅かったので、あまり意味はないと思いつつ念のためにやりましたがダメでした。

DNSの設定を変えると速くなったというページがヒットしたので試しましたが、ダメでした。

IPv4からIPv6に変えると速くなるというページも見ましたが、直感的に今回の問題とは関係ないと思ったので飛ばしました。、

ネットの口コミでは、2年前くらいの情報がヒットして「OCNはダメだからNiftyに変えた」とか言う人もいて、概ねNiftyの評判は良い方でした。

しかしそんな口コミを見て、Niftyへの加入者が増大したのでしょうか、回線速度の口コミは、数年前のものだと全くアテにならないことを知りました。

トラブル発生から18時間が経過しても速度は遅いまま。4月8日の朝にNiftyに電話してみました。

Niftyはすでに今回の障害(あえて障害と呼ばせてもらいます)を把握していました。

⇒ 光ファイバー接続サービスの通信速度低下について

上のページの日付は4月7日。つまり我が家のネット回線が明らかに遅くなった日でした。このページにも書かれてあるように、電話口でも「申し訳ありません。4月下旬に増強工事を行います。」と言われました。

4月下旬って・・これを聞いたときは絶望しました。あと2週間以上もこの状態で過ごさないとダメなのかと。しかも4月下旬になれば必ず元通りの速度に戻るかどうかさえあやしいと感じました。

ネットインフラってすでに電気や水道、ガスと同じくらい重要なもの。
「あんた、それをわかってます?」って言ってやりたいくらいでした。

まあ途中から何を言っても向こうは謝るだけになったので、渋々電話を切って、もう1回ルーターの電源入れ直しをやってみました。

すると、どうでしょう。

あれ、速度が戻ってる!

何度も速度の単位を見直しました。ちゃんと「Mbps」です。

Yahooトップもすぐに表示されます。サクサクです。

ルーターの電源を引っこ抜いて、しばらく待ってから入れ直しただけ。
たったこれだけで通信速度が1000倍になったのです。

1000倍ですよ、1000倍(笑)

こうして笑って話せるのも、現時点では快適なネットライフを取り戻すことができてるからです。そうでなければ、Niftyへの怒りで一杯だったでしょう。

それにしてもルーターの再起動で、空いてる回線に自動的に接続したってことでしょうか。

今の状態は決して100%安心できるものではなくて、また「Kbpsの世界」へ逆戻りしてしまう可能性も十分あり得るわけです。

まずは今夜回線が混む時間帯がどうか?
さらには、今後この空いてる回線もどんどん人があふれて遅くなってしまうんじゃないか?

そんな心配が残ります。
何かあればまたこの記事で追記したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする