【PR】【アフィリエイト広告】

Inspiron 14 5430と5435の比較。5430の方が売れてる?

DELLの公式発表によると、最近(2023年9月)の売れ筋は

  1. Inspiron 14 5430
  2. Inspiron 15 3520
  3. Inspiron 14 5435

という順位です。

注目すべきは1位と3位。同じInspiron 14でも5430の方が売れています。

5430はCPUがIntel Core
5435はCPUがAMD Ryzen

最近の傾向はIntelモデルの5430の方が人気だそうです。

これまで過去のデータ(2020~2022年)ではRyzenモデルの方が売れ行きは良かったはずですから、それとは逆になっていますね。

さて、今回は売れ行きとは関係なく、当サイトのおすすめ(どっちがいいか?)を簡単に述べておきます。

Core i5モデルとRyzen 5モデルの比較

WordPress Tables Plugin

Core i5-1335UモデルとRyzen 5 7530Uモデルで比較すると、Ryzen 5の方が少し安いです。

なのでミドルスペックを求める人にはRyzen 5が当サイトの推奨です。
その方がコスパは良いです。(過去3年間もそうでした)

それなのになぜ2023年はIntelモデルの方が売れているのか?

その理由はよくわかりませんが、

  1. 価格差が小さい。なんとなくIntelを選んでいる
  2. CPUスコア(PassMark)では Core i5-1335U > Ryzen 5 7530Uだから
  3. IntelモデルはUSB-CポートがThunderbolt 4に対応

などが考えられます。

この中で確実な差と言えるのは最後の「3」

USB-CがThunderbolt 4に対応にしている点です。

Thunderbolt 4は

〇 転送速度 40Gbps
〇 PD対応(タイプC充電対応)
〇 映像出力OK 複数の外部モニターOK

という万能ポートです。

Ryzenモデルの方はこれが普通のUSB-Cポートなので

△ 転送速度 10Gbps
〇 PD対応(タイプC充電対応)
〇 映像出力OK

になります。

転送速度が4倍も違うのがポイント。USB-Cポートから大きなデータを転送したい場合は、Thunderbolt 4の方が圧倒的に快適です。

ただ一般ユーザーだとThuderbolt 4の恩恵を受けるシーンはそんなに多くないでしょう。ミドルスペックを選択した場合は、通常のUSB-Cでも十分かもしれません。

Core i7モデルとRyzen 7モデルの比較

Inspiron 14のCore i7モデルは

・Core i7-1355U
・Core i7-1360P

の2種類を選択できます。

性能が高いのはもちろん1360Pの方。ここではCore i7 1360PとRyzen 7 7730Uを比較します。

WordPress Tables Plugin

まずベンチマークスコア(Cinebench R23)を比較してみます。

WordPress Tables Plugin

1360Pはマルチコアで19%、シングルコアでは31%もRyzen 7 7730Uより上です。

またAdobeソフトとの相性も良いです。Photoshopで10枚の画像をRAW現像するのに要する時間は、Ryzenよりもインテルの方が速いです。

WordPress Tables Plugin

ここではCore i5-1340Pのデータしかありませんが、1360Pだとさらにインテル優位に傾くはずです。

以上のことから、画像編集などに使いたい場合はCore i7-1360Pがおすすめとなります。

まとめ

Inspiron 14を選ぶときの考え方を簡単にまとめておきます。

Core i5-1335U と Ryzen 5 7530U

⇒ Ryzen 5 7530U

・性能差はほとんどない
・Ryzenの方が価格は安い
・Thunderboltじゃなくても困ることはなさそう

※3~4千円くらいの価格差ならどっちを選んでも正解

Core i7-1360P と Ryzen 7 7730U

Core i7-1360P

・上位モデルで比較するならCore i7-1360P
・画像編集などで差が出やすい
・ハイエンドユーザーならThunderboltがあるとうれしい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする