15.6型ノート HP Pavilion 15-eg(インテル)をおすすめする理由。AMDモデルも良い。

HP Pavilion 15-egは2020年12月発売、1.71kgの据え置き用ノートPCです。

  • 人気の15.6型
  • 高級感と価格のバランスが良い
  • 価格は6.5万円(税込、送料込)~

という特徴があります。

HPのノートPCは上から

  • Spectreシリーズ
  • ENVYシリーズ
  • Pavilionシリーズ
  • HPシリーズ

というランク付けになっており、Pavilionは上から3番目です。

上2つはハイスペックかつ高級モデルが多いので使う人を選びます。4番目のHPシリーズは安さが魅力ですが、ボディがプラスチックで安っぽさが目立ちます。

ちょうど良い価格帯で高級感があり、性能もまずまずなPavilionは一般ユーザーの要望に最も近い形だと思います。

先代のPavilion 15 cs-3000も評判の良い機種でしたが、その良さを引き継いで性能アップしたのが新しいPavilion 15です。

スペック概要

シリーズ名:HP Pavilion 15-eg0000
CPU: Core i3-1115G4、Core i5-1135G7、Core i7-1165G7
メモリ: 8GB、16GB
SSD: 256GB、512GB、1TB
ディスプレイ: 15.6インチ FHD(1920×1080)、タッチ対応、IPS
グラフィックス: インテル Iris Xe グラフィックス
USBポート: USB-A (5Gbps)x2、USB-C (10Gbps) x1
インターフェイス: microSD、HDMI、ヘッドフォン
Wi-Fi: Wi-Fi 6対応
バッテリー: 8時間
サイズ: 360 x 234 x 17.9mm
重量: 1.71kg

CPUはIntel第11世代のTigerLakeを搭載。
2020年12月時点では最新のCPUです。

全モデルでMicrosoft Officeを付けることも可能です。
現在はオフィス半額キャンペーン中なのでお得です。

カラーは2種類

カラーバリエーションは2種類。

セラミックホワイト または フォグブルー

どちらも清潔感のあるカラーです。

天板にhpのロゴが入っており、光でキラリと光ります。

天面とキーボード表面はアルミニウム素材を使用しており、高級感があります。

インターフェイス(端子類)

USBポートは3つ。2つはUSB-Aで転送速度は5Gbps。残りの1つがUSB-Cで転送速度は10Gbpsです。電源コネクタは専用のポートがあるのでUSBポートは常時3つ使用できます。

USB-Cは電源供給(PD)と映像出力に対応しています。

あとはmicroSDカードスロットとHDMI、ヘッドフォンジャックです。

DVDドライブと有線LANポートはありませんが、端子の種類、数はまずまず平均的な水準です。

SDカードスロットは、製品仕様書にはフルサイズSDとなっていますが、これは間違い。正しくはmicroSDです。HPに問い合わせてmicroSDだという確認をとりました。

ベーシックモデル【C1】

価格は6.5万円(税込、送料込)

Core i3と言っても最新第11世代のCore i3はかなりの性能を有しています。

PassMarkのベンチマークスコアは6213。これは2年半前のCore i5-8265Uに匹敵するスコアです。ネットや動画鑑賞、資料作成など軽めの作業なら何の問題もありません。それよりも負荷の高い画像編集(RAW現像)も趣味レベルなら快適にこなしてくれるでしょう。

Pavilionを買う多くのユーザーにとって最適だと思うのが、このCore i3モデル(ベーシックモデル)です。

スタンダードモデル【C2】

価格は7.6万円(税込、送料込)

Core i3から+1.1万追加するとCore i5になり、SSD容量も512GBになります。

さらにオプションでメモリを16GBにすることも可能です。

価格は8.1万円(税込、送料込)

メモリ16GBは画像編集(RAW現像)や動画編集用のスペックです。通常の使い方であればメモリ8GBで足りるでしょう。

おそらくこのCore i5モデルが売れ筋の中心になるかと思います。性能的にはCore i3でも十分ですが、一般ユーザーの感覚として「Core i3だとちょっと不安」という気持ちがまだあるからです。

もう1つの理由は+1万追加でCPUとSSD両方がアップグレードされるのでお得感があるからです。

パフォーマンスモデル【C3】

価格は10.1万円(税込、送料込)

Core i7までアップグレードするとかなりのハイスペック仕様です。最新モデルはグラフィックスの性能が飛躍的に向上しているので、軽めのゲームも楽しむことも可能です。
SSDは大容量の1TBあるので、古いデータなどを一括で管理するのに便利です。

その他の特徴

重さは1.71kgと15.6型ノートとしては平均的な重さです。リュックに入れての持ち運びは楽ですが、手提げバッグだと重たく感じる重量です。基本は据え置きで使うことになるでしょう。

ディスプレイはタッチ対応になっていますが、タッチを使うことは少ないかもしれません。IPS液晶なので視野角が広いです。

Wi-Fiは最新規格のWi-Fi 6に対応しています。

指紋認証センサーが付いているのでパスワード入力よりも素早くログイン可能です。

Pavilion 15-eh(AMD)との比較

Pavilion 15には兄弟機としてCPUがAMD Ryzen 4000シリーズのモデルも販売されています。

インテルが15-eg
AMDが15-eh

という名称になっています。

価格はAMDモデルの方が安いので、AMDモデルでも良いのですが、Ryzen4000シリーズは納期が遅れることがよくあります。

HPの公式ストアで納期をチェックして、納期の早い方を選ぶのが良いでしょう。公式ストアのチャットや電話で聞けば納期を教えてくれます。

Intel第11世代とRyzen4000シリーズの性能差は、そこまで気にする必要はないと思います。

ざっくり言うと以下のような特徴があります。

  • ネット、動画鑑賞など軽めの作業ならIntel第11世代
  • 画像編集、動画編集ならRyzen4000
  • Ryzenは相性が悪いアプリも存在するがIntelは安定的

まとめ

  • Pavilion 15-egは人気の15.6型
  • CPUはインテルの最新第11世代
  • 高級感のあるデザイン
  • Core i3で十分な性能
  • オフィス半額セール中

公式オンラインストア HP Pavilion 15-eg

AMD Ryzen搭載モデルはこちら
⇒ HP Pavilion 15-ehのスペック詳細へ

HPが12月に発売した新モデルのPavilionシリーズ。 Pavilion 13-bbPavilion 14-dvPavilion...

HPのPavilionシリーズの中で、他とは大きく違う特徴をもっているのがPavilion x360 14-dw1000 (dwシリーズ)...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする