EマウントレンズSEL50F18の作例~逆光シーン

Sonyの単焦点レンズ、SEL50F18を買って半年が経過。

すっかりこの単焦点レンズが気に入ってしまい、SonyのNEX-7に付けて写真を撮りまくっています。

今日はSEL50F18の作例として、逆光のシーンを集めてみました。


ISO=100、f=4.5、ss=1/1250

芝浦で撮った夕景。夕日がビルに当たってビッカビカでした。


ISO=100、f=4.5、ss=1/250

同じ場所で今度は近くの手すりとクモの巣を。クモの巣へのピント合わせは意外にもスッと合ってくれました。


ISO=100、f=4.0、ss=1/500

これは天王洲アイル方面で撮った一枚。ピントがなかなか合わなくて苦労しました。AFは諦めて、MFで撮った一枚です。


ISO=100、f=2.5、ss=1/4000

ツツジの花。きれいに解像してますね。


ISO=100、f=1.8、ss=1/4000

開放F1.8で撮った一枚。光がいいと、道端の雑草も美しく見えます。このレンズを持ってからとにかく良い光を探すようになりました。


ISO=100、f=5.6、ss=1/2500

城ヶ島で撮った一枚。実は背景にうっすらと富士山も写ってます。


ISO=100、f=2.5、ss=1/250

逆光+人のシルエットは好きでよく撮りますが、シャッターチャンスは一瞬なのでなかなか難しいです。

レンズの特性としては、逆光を苦にしないと言っていいかと思います。特に逆光+開放でのボケは見応えあります。

ただしf=1.8までいくと、被写界深度が浅くなります。被写体との距離にもよりますが、実戦的にはf=2.0~2.5くらいを使用することが多くなるのではないかと思います。静物をじっくり撮る場合はf=1.8もありでしょう。

SEL50F18はポートレート用だとか決めつけている人もいますが、ぼくからすればそれは全くのナンセンス。風景を撮りに行くときも広角レンズと一緒に必ず持っていきたいレンズです。

Sonyユーザーはみんなこのレンズにやられてレンズ沼に入り込んでいきます。

コスパが良いレンズとしても有名。アマゾンだとこの価格です。
SONY 単焦点レンズ SEL50F18

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする