【PR】【アフィリエイト広告】

HP 15s-fq0000/1000はやめとけ。同じHP 15sのAMDモデル(15s-eq1000)がおすすめ

HPに15s-fq0000/1000という新モデルが出ているのを公式ストアで発見しました。

特にアナウンスはなかったと思うので、HPとしてもあまり積極的に販売してるわけではなさそうです

HP直販で売りつつ量販店でも売られているので、もしかしたら量販店で見かけて検索する人もいるでしょう

そんな人のため、簡単に結論を書いておくと、

HP 15s-fq1000を買うより
HP 15s-eq1000の方が圧倒的にお得です

同じ15.6型で、デザインも同じ。中身が違っていて、fqの方がCPUがIntel、eqがAMDです

知名度ではIntelですが、性能と安さはAMD

つまりeq1000がおすすめです

繰り返しますが、圧倒的な差があります

HP 15s-fq0000/1000のスペック概要は以下のとおり。

CPU: Celeron N4000、Core i3-1005G1、Core i5-1035G1、Core i7-1065G7
メモリ: 4GB、8GB
SSD: 128GB、256GB、512GB + Optaneメモリ32GB
ディスプレイ: 15.6インチ FHD IPS液晶
USB: USB-C x1、USB-A x2
Wi-Fi: IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)
インターフェイス:SDカード、HDMI、ヘッドフォンジャック
サイズ、重さ:約 358×242×17.9-19.5 mm、1.6kg

fqの方は一番安いモデルがセレロンです
メモリは4GB、SSDは128GBしかなく、しかも価格が5.5万円(税込、送料込)とあまり安くありません。

eqの方は、一番安いモデルのCPUがそこそこ性能良くて、メモリは8GB、SSDも256GBあります。価格は4.0万。圧倒的な差です

表で比較すると一目瞭然です

WordPress Tables Plugin

CPUスコアというのはCPUの性能を表すベンチマークスコアのことで、この数値が2500を下回ると、普段使いでもストレスを感じてしまいます。

Celeronの方は普段使いでもモタつく可能性があります

AMD Athlon Silver 3050Uは見慣れないCPUですが、性能はそこそこ良いです
3年前のCore i5レベル、2年前のCore i3レベルであるので、普段使いなら快適にこなしてくれます

CPUが一番下のランクでの比較では圧倒的な差がありますが、上位のランクではどうでしょう?

fq(Intel)の方はCPUをCore i5やCore i7までグレードアップすることが可能ですが、eq(AMD)の方はRyzen 3までしかグレードアップできません。

その分、fqのメリットがあるように思えますが、このHPシリーズでそこまでCPU性能を高めてもあまり意味がないと思います

HPのノートPCは上から

Spectre
ENVY
Pavilion
HP

というシリーズに分かれていて、本機種は一番下のランクのHP 15sです

安さがウリの機種なわけですから、そこにCore i5だCore i7だとやるのは安さという魅力がなくなって、筋が悪いと言えます

実際、HP 15sはキーボードの打ち心地や筐体の強度などで少し手を抜いてあります。

もしCore i5やCore i7の性能が欲しいなら、1つランクが上のPavilionシリーズで探した方がいいでしょう。

・HP 15s-fq0000/fq1000はやめとけ
・HP 15s-eq1000がおすすめ(4万以下で買える)
・性能を求めるならPavilion

実際ぼくはeqを買いました

1ヶ月使ってみた感想はこちら

HP 15s-eq1000は2020年5月発売モデル 3万円後半で買えるノートPCとしてはかなり品質が良く、ライトユーザーに...

公式オンラインストア HP 15s-eq1000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする