【PR】【アフィリエイト広告】

15.6型1.7kg ASUS ZenBook 15 UX534FTCの特徴は?

ASUSのZenBook 15に新モデルが出ました

ZenBook 15 UX534FTC

型番: UX534FTC-A9060T
CPU: Core i5-10210U
メモリ: 16GB
SSD: 512GB
ディスプレイ: 15.6インチ FHD(1920×1080) 光沢
グラフィックス: NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Q
USBポート: USB-C x1、USB-A x2
インターフェイス: HDMI、SDカード、ヘッドフォン
バッテリーライフ: 9.4時間
重さ: 1.7kg
付属: USBイーサネットアダプター

CPUはIntelの第10世代Core i5、メモリは16GB。グラフィックスにGeForce GTX 1650 Max-Qを搭載したハイスペック仕様となっています

ZenBook 15の2019年モデルが第8世代CPU、GTX 1650という組み合わせでしたが、2020年モデルはCPUはランクアップ、グラフィックスはランクダウンという組み合わせです

ハイスペックと言いつつも、少し古さも感じられる構成となっています

価格は13.1万円(税込、送料込)です

驚くほど安いわけではないですが、まずまず平均的な価格に収まっていると思います

ASUSは一時期、かなり強気な価格設定を行っており、このZenBook 15の2019年モデルは発売当時20万台でしたからね。

ぼくはそのとき正直に「高すぎる!」って書きました。

さすがに売れ行きが悪かったのか、2020年モデルでは最初から相場に応じた価格を付けてきました。

GeForce GTX 1650 Max-Q

Max-Qというのは通常版ノートPC用グラボより小型で薄型のグラボのことです

そのため、通常よりも性能が少し落ちます

つまり

GTX 1650 > GTX 1650 Max-Q

です

Passmarkのベンチマークスコアによると

GTX 1060: 8153
GTX 1650: 7002
GTX 1650 Max-Q: 5869
GTX 1050: 4464

という感じ。

そんなに期待はできないですが、軽量~中量級のゲームなら快適に楽しむことができるでしょう

メモリが16GBあるのは良い点です。ゲームメインというよりも、どっちかというと画像編集、動画編集向けのPCかなという印象です

フルサイズのSDカードスロットが付いているので、デジカメのデータを取り込むのは便利です

2020年の新モデルという点で見ると、全体的に物足りなさを感じますが、1.7kgという軽さを考慮するなら、まあこの辺が1つの落とし所なのかなという気もします

WordPress Tables Plugin

DELLやLenovoだと、CPUは末尾「H」、グラフィックスはGTX 1650や1650Tiという構成で、ZenBook 15よりも2ランクくらい上の性能ですが、重さは2.0kgオーバーとなってくるので一長一短と言えます

・1.7kgと軽めのボディ
・メモリ16GB
・ゲームもそこそこ楽しめる
・もっと重くてOKならDELLやLenovoなども選択肢に

公式ストア ASUS VivoBook 15 UX534FTC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする