IdeaPad Slim 370i (14型) ISP液晶搭載になったのは朗報。

Lenovo IdeaPad Slim 370i (14型 第12世代インテル)は2022年7月発売の14型ノートPC。

  • エントリーモデルのIdeaPad 300番台
  • CPUはインテル第12世代で性能良し
  • 視野角の広いIPS液晶
  • 重さは1.43kg
  • Core i5モデルが7.6万円

という特徴があります。

これまでのIdeaPad 300番台は質の低いTN液晶でしたが、2022年モデルからIPS液晶になりました。

スペック概要

OS: Windows 11 Home
CPU: Core i3-1215U、Core i5-1235U
メモリ: 8GB DDR4-3200MHz (4GBx2)
SSD: 256GB
ディスプレイ: 14インチ、FHD(1920×1080)、非光沢、IPS
グラフィックス: Intel UHD、Intel Iris Xe
USBポート: USB-C x1、USB3.2×1、USB2.0x1
インターフェイス: SDカード、HDMI、ヘッドフォン
顔認証なし、指紋認証なし
Webカメラ: HD (720p)、プライバシーシャッター付き
Wi-Fi: Wi-Fi 5対応
重量: 1.43kg

CPUはインテル第12世代。Core i3とCore i5の二択でCore i7はありません。普段使いならCore i3でも十分な性能で、Core i5になれば第11世代のCore i7と同等あるいはそれ以上のパフォーマンスが出ます。性能に関しては文句はありません。

メモリは8GBのデュアルチャネル。SSD容量は256GB。この辺は必要最小限ですね。メモリ16GBやSSD512GBといった選択肢がないのはこれがIdeaPad 300番台だから。上位のIdeaPad 500番台ならさらにグレードアップできます。

まあ300番台でも普段使い~ビジネス利用までなら問題なくこなしてくれるしょう。

Core i5-1235U
メモリ8GB
SSD 256GB

という構成で7.6万円(税込、送料込)

Core i5-1235U搭載機の中ではほぼ最安値と言っていい安さです。

ただ普段使いということであれば、インテルよりもAMD Ryzenの方がコスパは良いです。

後述しますが、上位機種のIdeaPad Slim 570ではRyzen 5搭載モデルが6万円台で買えます。

ディスプレイ

先代のIdeaPad Slim 350iよりも大きく改善されたのはディスプレイです。

本機はIPS液晶を搭載しているので、視野角が広くコントラストもしっかり付いています。輝度(明るさ)も300nitと十分です。

・1920×1080(アスペクト比16:9)
・非光沢
・IPS
・300nit
・色域 sRGBカバー率 63%
・リフレッシュレート 60Hz

という仕様。

最近主流の16:10じゃないのは残念ですが、大きなマイナスがなく、買い候補に入る水準です。

気になる点

WebカメラはHDのまま
Webカメラの解像度はFHDが主流になってきてますが、本機はHDのままです。

生体認証なし
指紋認証なし、顔認証なしです。これはけっこうマイナスです。

USB2.0
USBポートは全部で3つ。転送速度の遅いUSB2.0が1つ残っています。USB-CはPD対応なのでモバイルバッテリーから充電可能です。

IdeaPad Slim 570との比較

現状では上位機種のIdeaPad Slim 570の方が安いので、素直に570を買うことをおすすめします。

Lenovoストア IdeaPad Slim 570 14型 AMD

今後570の在庫がなくなったり、370iが値下げしたりすることがあれば370iも候補に入るでしょう。

Lenovoストア IdeaPad Slim 370i

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする