【PR】【アフィリエイト広告】

IdeaPad Flex 550 14型 (AMD Ryzen 5000シリーズ)の特徴

LenovoのIdeaPad Flex 550 (AMD Ryzen 5000シリーズ)は2021年4月発売の14型ノート。

  • IdeaPadシリーズ最上位の500番台
  • 変形2-in-1タイプでペン付き
  • CPUはAMD Ryzen 5000シリーズ
  • ディスプレイ輝度は250nit(普通)
  • 14型でフルサイズSDカードスロットあり

という特徴をもっています。

IdeaPadシリーズは種類が多く、名前も似ているので間違えないでください。

IdeaPad 550:500番台、最上位
Flex:2-in-1タイプを指す。オーソドックスタイプはSlim
14型: ディスプレイサイズが14インチ(15.6型もある)
Ryzen 5000:1つ古いのがRyzen 4000シリーズ

という命名規則になっています。

スペック概要


CPU: AMD Ryzen 3 5300U、Ryzen 5 5500U、Ryzen 7 5700U
メモリ: 8GB (4GB x2)、16GB(8GB x2)
SSD: 256GB、512GB
ディスプレイ: 14型 FHD(1920×1080)、光沢
USBポート: USB-C x1、USB-A x2
インターフェイス: フルサイズSDカード、HDMI、ヘッドフォン
Wi-Fi: Wi-Fi 5
バッテリー: 16.1時間~18.5時間
重量: 1.5kg
ペン: Lenovo Digital Pen

CPUはRyzen 3~Ryzen 7まで用意されています。

Ryzen 3、Ryzen 5のときは、メモリは8GB(デュアルチャネル)。Ryzen 7のときはメモリは16GB(デュアルチャネル)という構成になります。

画像編集、動画編集などクリエイティブな作業を快適にこなしたい場合は、メモリ16GBがおすすめです。

Ryzen 7 5700U
メモリ16GB
SSD 512GB

という構成で8.0万円(税込、送料込)とコスパは抜群です。

このスペックなら、ほとんどの人が満足できる構成です。

安くするなら、

Ryzen 5 5500U
メモリ8GB
SSD 256GB

という構成で6.4万円(税込、送料込)という手もあります。

さらに+4千円でSSD容量を256GB⇒512GBへと増量することができます。

4月16日時点では、Ryzen 7モデルは在庫切れ、Ryzen 5モデルが納期2か月以上とどちらもまだ本格的な販売状態にはありません。

本格的に販売され始めるまでもう少し待った方がいいかもしれません。

ディスプレイ

液晶ディスプレイは

・光沢タイプ
・タッチ対応
・IPS液晶
・輝度250nit (平均的)
・色域 sRGBカバー率65%

というスペックです。

2020年モデルと変わりはありません。

写真は2020年モデルのIdeaPad Flex 550です。

カジュアルに写真や動画を楽しむには問題のない品質ですが、新しい2021年モデルとして少し品質アップしても良かったのではないかなと思います。

その他の特徴

SDカードスロット付き

14型ノートでデジカメ用のSDカード(メモリカード)が直接挿せるのは非常にめずらしいです。

ペン付き

ペンも無料で付いてきます。

IdeaPad Slim 550との比較

IdeaPad 500番台には、FlexとSlimの2種類があります。

WordPress Tables Plugin

ディスプレイに関しては、同じIdeaPad 500番台のSlimの方が品質は上です。

Flexの方は、タッチパネルで、ペンも使用できます。

どちらもコスパはとても良いので、どちらにするか迷うところです。またサイズも14型と15.6型があるので、選択肢は全部で4通りになります。

2020年モデルの傾向としては、

15.6型にするなら⇒ Slim(オーソドックスタイプ)
14型にするなら⇒Flex(変形2-in-1)

が人気でした。

Flexで15.6型は重さがネックとなります。変形タイプのFlexを活かすなら軽い14型が良いでしょう。

一方、据え置きノートとして使うなら、オーソドックスなSlimがいいと思います。

IdeaPadの割引率最大のクーポンコードはこちらのページに載っています。

IdeaPad Flex 550 (AMD)の割引クーポン

IdeaPad Slim 550 (AMD)の割引クーポン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする