Acer Spin5が最新モデルを発売。1.5kgの重さをどう見るか?

Acerから今月発売のSpin 5シリーズは、第8世代CPUを搭載可能な変形2-in-1ノートです。

Core i3モデルがSpin5 SP513-52N-F38Q
Core i7モデルがSpin5 SP513-52N-F78U

というモデル名になっています。

それぞれの主要スペックは

Core i3-7130U、メモリ8GB、SSD128GB
Core i7-8550U、メモリ8GB、SSD256GB

という構成です。

Core i3の方は第7世代、第8世代はCore i7のみです。

他、共通項は以下のとおり。

・ディスプレイ:13.3型 FHD(1920 x 1080)
・サイズ、重さ:324.4 x 226.0 x 15.9 mm、約1.5kg
・USBポート: USB3.0 x2、USB-C x1、USB2.0 x1
・インターフェイス: HDMI、SDカード、ヘッドホンジャック
・バッテリー駆動時間: 約13時間
・ペン同梱

うれしいポイントはペンが別売りじゃないといことと、フルサイズのSDカードスロットが付いてる点でしょう。

アマゾンでの予約価格は、

Core i3の方が10.8万
Core i7の方が15.4万

となっています。

SSDの容量的にCore i3を選択しづらいのが残念な点です。

そしてCore i7の方はちょっと高いです。

1.5kgという重さは、先代モデルよりも軽くはなっていますが、変形2-in-1としてはまだまだ重たい部類に入ります。

HPのSpectre x360も今回のSpin5と同じ13.3型の2-in-1ですがこちらは1.31kgです。これでもタブレットモードでの使用時に重くて嫌になる場面がありましたから、1.5kgのSpin5だとなおさらだと思います。

ただこれはぼく個人の感想なので、使う人によっては気にならない場合もあるでしょう。

仮にクラムシェル型ノートPCとして見るとするなら、1.5kgは一応許容範囲。ただそれなら価格面でもう一声ほしいという感じはします。

ペンが付いているのでその分価格が上乗せされています。あと第8世代のCPUは性能が良いとの評判で、第7世代CPUのノートパソコンの相場より少し高くなっているようです。

<アマゾンで予約>

⇒ Spin5 SP513-52N-F38Q (Windows 10/Core i3-7130U/13.3インチ/8GB/128GB SSD

⇒ Spin5 SP513-52N-F78U (Windows 10/Core i7-8550U/13.3インチ/8GB/256GB

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする