ideapad 720S、SSDはSamsung PM961? 予想以上に「ええやつ」積んでるやん!

Lenovoのideapad 720Sは1.14kgの軽いノートPC

コスパが抜群に良いことで評判です。

上の写真は先日行ったビックカメラに置いてあったideapad 720Sです。

税別で86,095円となっていますが、これなら公式ストアで購入した方が安いですね。

12月12日現在、オンラインストアだと90,207円(税込、送料込)
ビックカメラの価格を税込みに直すと、92,983円です。

CPUは最新第8世代。Core i5-8250UとCore i7-8550Uが用意されています。発売当初はまだ第7世代でしたが、予想どおり第8世代へ刷新されました。

展示機のSSDの型番をチェックしたところ、型番はMZVLW256HEHPでした。

つまりSamsungのPM961。いま普通に売られているノートパソコンに搭載されているSSDの中では最速と言われているやつです。

シーケンシャルリードは3000MB/s以上で、通常のSATAのSSDの5~6倍です。

そんな「ええやつ」がideapad 720Sに搭載されているとは驚きでした。

でもそうは言っても、ベンチマークの速さを気にする人はあまり多くありません。SSDのベンチマークは体感速度にあまり寄与しないので、最近はどのメーカーもSSDの質を少し下げている傾向があります。

HPやDELL、Microsoftなどのエース級のパソコンでもそうです。

そんな中、決してエースとは言えないideapad 720SにPM961。それがぼくが驚いた理由です。

ideapad 720Sの特徴を簡単におさらいしておきましょう。

〇1.14kgの軽さ
〇最新第8世代プロセッサー
〇高速SSD
×SDカードスロットなし

1.0~1.2kgのモバイルノートでこのスペックなら12万前後が相場ですから、ideapad 720Sの9.0万がいかに安いかがわかります。

※Lenovo特設ページから購入すれば、Core i5モデルが9.0万まで安くなりますよ~

⇒ ideapad 720S Lenovo公式 特設ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする