ThinkPad T480sは、保守派最後の砦か?

LenovoのThinkPad T480sは14型1.32kgのモバイルノート

T480s以外にもT480(sなし)やT580の発売も予定されている今回のTシリーズは、ThinkPadの伝統的なデザインを受け継ぐ最後のマシンと言ってもいいかもしれません。

その中でも軽量タイプのT480sは、Tシリーズの中で一番注目すべき機種となります。

2018年は伝統のXシリーズ、X280が大きく薄型化、軽量化へと舵を取り、同時に有線LANポート(RJ-45)、フルサイズSDカードスロットが廃止となった年です。

つまりXシリーズは軽さを重視して、使い勝手を犠牲にしたということです。

一方、T480sはいい意味でマイナーチェンジに留まりました。

その結果、有線LANポート、SDカードスロットが両方生き残りました。

あのEシリーズでさえmicroSDカードスロットに変更になったぐらいなので、今回のT480sでフルサイズのSDカードスロットが残ったのは奇跡と言ってもいいかもしれません。

ThinkPadの使いやすさを重視していた保守派のユーザーには、とても喜ばしいニュースでしょう。

逆に言うとX1 Carbon派のユーザーには、T480sの良さはイマイチ理解できないかなという気がします。

スペック概要

・CPU:Core i5-8250U、Core i5-8350U、Core i7-8550U、Core i7-8560U
・メモリ:8GB、最大24GB
・ストレージ:SSD128GB(STATA)、SSD256GB、512GB、1TB(PCIe)
・ディスプレイ: 13.3インチ FHD(1920×1080)、WQHD(2560×1440)
・グラフィックス: Intel UHD 620、NVIDIA GeForce MX150
・バッテリー駆動時間:約15.6時間 (MobileMark2014)
・USB: USB-A x2、USB-C x1、Thunderbolt x1
・ポート類: HDMI、LANポート、SDカード、ヘッドフォンジャック、Nano-SIMカード、ドッキングコネクタ
・サイズ、重さ:331 x 226.8 x 18.45 mm、1.32kg

CPUは第8世代のCore i5、i7がメイン。メモリは最大で24GBまで搭載可能です。

14インチで1.32kgというのはそこまで悪く言われるレベルじゃないと思います。

ただ今は13.3インチで1.0kg前後のパソコンはゴロゴロある時代なので、そこと比べられるとちと厳しいかなという感じですね。でもそういう役目はX1 CarbonやX280が担うわけですから、T480sは「そこそこの軽さ」で十分なのです。

最初に言ったとおりT480sの長所は豊富なインターフェイスです。

有線LAN(RJ-45)やフルサイズのSDカードスロットが付いているのはとても貴重な存在です。余計なアダプターが不要。パソコン一台で全てを済ませることができます。

USBもタイプCが2つ(1つはThunderbolt)、タイプAが2つ。新旧の規格が2つずつとバランスも良いです。

そして「そこそこの軽さ」なので「そこそこ安く買える」というコスパ面でのメリットもあります。

まあ今は全部wifiで、有線LANの使用頻度は少ないはずですが、株や為替のトレードやビジネスユース全般などでまだまだ有線LANの信用度が欠かせないと思います。

X1 Carbonもイーサネットアダプタを介して有線LANに接続可能ですが、この見た目がカッコ悪いです。


NVIDIA GeForce MX150

グラフィックスはオプションでGeForce MX150を搭載可能です。

T470sで一旦廃止となった外部GPUが復活しました。

T460s:GeForce 930M
T470s:なし
T480s:GeForce MX150

GeForce MX150はモバイルノート用としてはまずまずの性能なので、軽めのゲームなら快適にプレイ可能でしょう。

ただし、同じThinkPadのE480、E580にはもっと性能の良いRadeon RX550を搭載可能です。

E480は

・14インチ
・1.75kg
・Radeon RX550搭載可能
・最小構成なら6万円台

同じ構成なら当然Eシリーズの方が安いです。

軽さにこだわらないなら、こちらがおすすめです。

ThinkPad E480のスペック詳細

◆液晶ディスプレイはWQHD(2160×1440)まで

4Kディスプレイはおあずけとなりましたが、WQHD(2160×1440)ぐらいでちょうどいいんじゃないかと思います。

これはT460s(2世代前)のWQHDディスプレイですが、とてもきれいでした。ノングレアなので、映り込みがないのがいいですね。

キーボードまわりの安心感

キーボードは定評のあるThinkPad。中でもこのTシリーズは一番良い出来だと思います。

X280は薄型化したので、キーボードの打鍵感がどう変わるのは心配です。買う前に自分の目で確かめからじゃないと安心して買えません。

X1 Carbonでも悪くないんですが、微妙に違います。

トラックポイントも「スーパー」ロープロファイルからロープロファイルへ戻りました。

スーパーの方は、かなり浅くて操作性も少し落ちるという評価でしたから、通常のロープロファイルに戻ったのは良いことです。

細かい違いですが、そこにこだわる人が使うのがThinkPadですから、そういう観点から言えばこのT480sは、まさしく「ThinkPad」です。

⇒ ThinkPad T480sの割引クーポン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする