第8世代Whiskey Lake搭載のLenovo Yoga S730、薄いのでUSB-Aポートはなし

Lenovoが11月に発売予定のYoga S730

CPUは最新のWhiskey Lakeを搭載した1.1kgの軽量ノートPCです

・CPU: Core i5-8265U、Core i7-8565U
・メモリ: 8GB
・ストレージ: SSD 256GB、512GB
・ディスプレイ:13.3型 FHD(1920×1080)
・USB: USB type-C 3.1 gen2 x2 (Thunderbolt3)、USB type-C 3.1 gen1x1
・重さ:1.1kg
・バッテリー駆動:約12時間(Core i5)、約9時間(Core i7)

LenovoのYogaシリーズというと、変形2-in-1に付けられるシリーズ名でしたが、このYoga S730は普通のクラムシェル型ノートです

クラムシェル型にはideapadというシリーズ名がありますが、今回からシリーズ名が変更されるということでしょうか。

初めてLenovoのPCを買う人には関係ない話ですが、Lenovoのラインナップをフォローしてきた人は少し混乱するかもしれません。

実際このYoga S730は、その特徴だけを見るとideapad 720Sの後継機と言えます。

ideapad 720Sは1.14kgの軽さと圧倒的なコスパで人気の一台でしたから、このYoga S730もかなり人気となりそうです。

ただ1つ注意したいのは、Yoga S730にはUSB-Aポートがありません。

ボディをかなり薄く(11.9mm)したせいで、厚みが必要なUSB-Aのポートが物理的に設置できなかったのでしょう。

代わりにUSB-Cポートが3つ用意されていますが、このままだとUSBメモリを挿すことはできません。

USB-C→USB-Aへ変換するアダプターが必要となります

アマゾンとかでこういう変換アダプターを買っておくといいでしょう。金額も千円未満と安いです

Yoga S730に搭載されるCPUはCore i5-8265UとCore i7-8565U

まだサンプル数は少ないものの、Passmarkのベンチマークスコアは優秀です

これで価格も10~11万くらいに抑えてくれるとうれしいんですけどね。

ちなみにideapad 720Sは

・Core i5-8250U
・SSD256GB
・13.3型FHD液晶
・1.14kg

という構成でUSB-Aポートも付いているのでこちらもおすすめです。

Lenovo ideapad 720S スペック詳細

Lenovo公式オンラインストア Yoga S730

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする