【PR】【アフィリエイト広告】

Core i5-1340Pのベンチマーク。PassMarkスコアやRAW現像、動画書き出しの速度

インテル第13世代のCPU、Core i5-1340Pのベンチマークが出始めていますね。

有名なPassMark公式サイトでは3月8日時点で

サンプル数 1
シングルスレッドのスコア 3680
マルチスレッドのスコア 17878

という結果が出ています。

まだサンプル数は少ないです。

そこで筆者も実機(Lenovo IdeaPad Slim 5i Gen8)でベンチマークをとってみました。

シングルスレッドのスコア 3670
マルチスレッドのスコア 20509

という結果でした。

PassMarkが公表しているスコアよりも15%ほど高いスコアが出ています。

今後サンプルが増えると、だいたい18000~19000くらいのスコアに落ち着くのではないかと予想しています。

手元にあるIdeaPad Slim 5i Gen8では20000超え。
Core i7-11800HやRyzen 7 5800Hに近いスコアが出ており、かなり優秀であると言えます。

このスコアなら、画像編集や動画編集も快適にこなせるはずです。

PhotoshopでRAW現像

10枚のRAWデータを連続で現像したときにかかる時間を計測しました。

以下がその結果です。

WordPress Tables Plugin

Core i7-1260Pとほぼ同等の速さです。
11800Hや5800Hといった2世代古いCPUには大きな差をつけています。

Davinci Resolveで動画書き出し

動画編集ソフトのDavinci Resolveで180秒の動画をyoutube用に書き出すのにかかった時間を計測してみました。

WordPress Tables Plugin

こちらはRyzenが強いですが、Core i5-1340Pも悪くないです。

第12世代のインテルPシリーズは書き出し作業を苦手としていましたが、第13世代になりそれが改善されているようです。

Core i5-1340Pはクリエイター向けの作業に対応できるだけの性能があります。ハイアマチュアやプロの方にはCore i7-12700H、13700HといったHプロセッサーを推奨しますが、そうでない場合は今回紹介したPプロセッサーでも十分かなと思います。

Core i5-1340P搭載のノートパソコン

冒頭に書いたように、LenovoのIdeaPad Slim 5i Gen 8がおすすめです。

Core i5-1340P
メモリ 16GB
SSD 512GB
ディスプレイ 14インチ FHD(1920x1200)、IPS
重量 1.46kg

という構成で9.9万円(税込、送料込)

この性能で10万を切るなら文句ないでしょう。

1340Pの性能をフルに発揮できており、また音や熱の問題もなさそうです。

Lenovoストア IdeaPad Slim 5i Gen 8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする