Ideapad 550のRyzenモデルが在庫復活。Ryzen 7搭載モデルが7.2万円。

Lenovoの14型ノート

  • Ideapad Slim 550 (14)
  • Ideapad Flex 550 (14)

の2機種はCPUにAMD Ryzen 4000シリーズを搭載したモデル。

2020年の7月発売でコスパは超優秀ですが、発売直後から品薄で在庫切れになっていることが多かった機種です。

現在は在庫が一時的に復活しているので、狙っている人は早めの注文をおすすめします。

Ideapad Slim 550 (14)

  • 14型オーソドックスタイプのノートPC
  • ディスプレイ輝度は300nitと明るい
  • フルサイズのSDカードスロット付き
  • 重量は1.45kg

Ryzen 5、メモリ8GB、SSD512GBという構成が6.4万円です。

SSD容量の選択肢は本来256GBと512GBの2つあるのですが、在庫があるのは512GBの方です。

Ryzen 5、メモリ8GB、SSD256GB、オフィス付きで7.5万円。

オフィス付きモデルだとSSD容量は256GBになります。

Ryzen 7、メモリ16GB、SSD512GBだと8.6万円です。


Ryzen 7の性能を活かし、画像編集や動画編集を行いたい人はこちらの構成がおすすめです。

割引率最大となるクーポンコードはこちらに掲載されています。
Ideapad Slim 550(14)の割引クーポン

Ideapad Flex 550 (14)

  • 14型、変形2-in-1
  • ペン付き
  • ディスプレイ輝度は250nit
  • 重量は1.5kg

Ryzen 7、メモリ16GB、SSD512GBという構成が7.2万円です。
Flexの方がSlimよりも安いです。

ディスプレイの明るさがSlimよりも下ですが、この価格帯なら平均的な明るさです。

Ryzen 7、メモリ16GB、SSD512GB、オフィス付きで9.3万円。

全部乗せでも10万を切ります。

割引率最大となるクーポンコードはこちらに掲載されています。
⇒ Ideapad Flex 550 (14)の割引クーポン

◆関連記事

Lenovo Ideapad Flex 550 (14) は2020年7月発売のモデルです。 LenovoのIdeapadシ...
本当に発売されるのだろうか? 2020年10月に発表されて公式ストアに価格も提示されていたにもかかわらず、最初からずっと「在庫切れ」...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする