【PR】【アフィリエイト広告】

クリエイター向けにおすすめ。Core i5-13500H + RTX 4050のLegion Slim 5i Gen 8

LenovoのLegion Slim 5i Gen 8は2023年5月発売のノートPC

2023年のLegionシリーズには性能重視の「Pro」とデザイン重視の「Slim」があります。

WordPress Tables Plugin

薄さやACアダプターの大きさなども「Slim」の方が通常のノートパソコンに近いので、あまりゴツいのは嫌だという人には今回のSlimをおすすめします。

スペック概要

CPU: Core i5-13420H、Core i5-13500H、Core i7-13700H
メモリ: 16GB (8GBx2)
SSD: 512GB、1TB
ディスプレイ: 16インチ 2560x1600、非光沢、100%sRGB
グラフィックス: RTX 3050、4050、4060、4070
USBポート: USB-C x2、USB-A x2
インターフェイス: 有線LAN、HDMI、SDカード、ヘッドフォン
Webカメラ: FHD (1080p)、プライバシーシャッター
顔認証なし、指紋認証なし
ACアダプター: 170W(RTX 3050、4050)、230W (RTX 4060、4070)
重量: 2.4kg

Core i5-13500HにRTX 4050という構成だと20.4万円(税込、送料込)
Core i7-13700HにRTX 4060になると25.2万円(税込、送料込)です。

個人的には、このLegion Slimでは性能抑えめを選択すべきかなと思います。

その理由は5つ

・性能重視するなら冒頭に挙げたLegion Proがある
・画像編集、動画編集向けなら、RTX 4050で十分
・RTX 4060以上だとACアダプターも巨大になりデスクを占領する
・スリムな筐体にRTX 4060以上だと熱や騒音のリスクが大きくなる
・RTX 4050の方が価格が5万近く安い

つまり、おすすめはCore i5 + RTX 4050の構成です。
RTX 4050のTGPは100Wに設定されています。

クリエイター仕様

ディスプレイの仕様は

・解像度 2.5K 2560×1600
・アスペクト比 16:10
・非光沢、IPS
・輝度 350nit
・色域 sRGBカバー率 100%
・リフレッシュレート 165Hz
・G-SYNC対応

とゲーム用かつクリエイター用になっています。

またもう1つうれしいのはSDカードスロットがある点。

Legion ProシリーズにはSDカードスロットが付いていません。ここだけ見ても、Proシリーズがゲーマー向け。Slimシリーズがクリエイター向けに作られていることがわかります。

もちろんゲームもできますが、どちらかと言うとクリエイターに買ってほしい一台です。

その他の特徴

・天板はアルミ合金を使用。高級感はまずまずです。

・有線LANポートもあるので安定した回線速度が実現できます。

・Thunderboltじゃないのは残念ですが、USBポートは4つあって拡張性は十分です。

まとめ

  • ゲーム重視ならPro、クリエイター向けはSlim
  • RTX 4050を選ぶ理由は5つもある
  • ディスプレイは2.5KにsRGBカバー率100%
  • SDカードスロットがうれしい

Lenovoストア Legion Slim 5i Gen 8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする