【PR】【アフィリエイト広告】

メモリ8GBなら5万で買える。LenovoとHPを比較

以前はメモリ8GBあれば十分とされてきたパソコンのスペックですが、2023年現在ではメモリ16GBが標準的なスペックとされています。

その理由は

・Webブラウザーなどの各種アプリが重くなってきた
・複数のアプリを同時に実行するユーザーが増えてきた
・ノートパソコン全体の性能が上がってきた

などが挙げられます。

逆に言うと、軽めの作業主体、ワード、エクセルで簡単な資料を作るだけといったライトユーザーならメモリ8GBでも十分快適です。

そしてメモリ8GBのノートパソコンなら5万前後で購入できます。

できれば7万くらい出して16GBを買ってほしいですが、「どうしても安く済ませたい」という人もいると思います。今回はそういった人向けの記事です。

Lenovo IdeaPad Slim 170

CPU: AMD Ryzen 5 7520U
メモリ: 8GB
SSD: 512GB
ディスプレイ: 14インチ 1920x1080、IPS
重量: 1.38kg

という構成で5.0万円(税込、送料込)

以前はディスプレイの質が悪かったIdeaPad Slim 170ですが、2023年にIPS液晶のモデルが発売されました。ボディが樹脂製で高級感はありませんが、最低限のことはできるスペックです。

HP 14-em

CPU: AMD Ryzen 3 7320U
メモリ: 8GB
SSD: 256GB
ディスプレイ: 14インチ 1920x1080、IPS
重量: 1.39kg

という構成で5.5万円(税込、送料込)

HPのエントリー機もIPS液晶で5.5万と安いです。

HP 14-emはキー配列がクセ強め。

右に一列、Home、PgUp、PgDn、Endが並んでおり、Enterキーが右端にありません。慣れないとタイプミスしやすい配列です。

2機種を比較すると以下のとおり。

WordPress Tables Plugin

性能は若干IdeaPadが上ですが、どちらも「中の下」ランクなのでそこまで期待はできません。HP 14-emの方は指紋認証が付いています。

ミドルクラスの王者DELL Inspiron 14

DELL Inspiron 14 5435は上で挙げた2機種の上位互換です。

・ボディがアルミ合金で丈夫
・ディスプレイの縦横比が16:10
・WebカメラがFHDで写りがきれい
・キーボードが打ちやすい
・タイプC充電可能
・CPU性能は2ランク上
・メモリ16GB

など多くのメリットがあります。

ミドルクラスの王者の価格がどのくらい安いか?で、下位機種の評価は変わります。

筆者の目安はこんな感じ。

Inspiron 14 (メモリ16GB)が7万円台 ⇒ Inspironを買おう
Inspiron 14 (メモリ16GB)が8万円台 ⇒ 5万の下位機種でもOK

7万でInspironが買えるなら買っておいた方が良いです。

Inspiron 14の価格は直近2か月で6.5万~8.4万と大きく変動しています。必ず最新情報をチェックしておいてください。

まとめ

  • ライトユーザーならメモリ8GBでも十分
  • 5万円台でそこそこのノートパソコンが買える
  • でも理想はメモリ16GB、アルミ製ボディのDELL Inspiron 14
  • Inspironが安いときは素直にInspironを買おう

5.0万と一番安いのはこれ。
Lenovoストア IdeaPad Slim 170

HP 14-emは5.5万。
週末セールとサマーセールの2会場で安い方をチェックしてください。

HPストア 個人向けノートパソコン

理想はDELL Inspiron 14だけどいまはちょっと高いです。

DELLストア Inspiron 14 5435

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする