HP Victus 16 (AMD)とLenovo IdeaPad Slim 560 Proの比較

  • 画像編集
  • 動画編集
  • 軽くゲームも

10万前後でこれら全部をやりたいとなったときに候補となるのが、HP Victus 16 (AMD)とLenovo IdeaPad Slim 560 Proの2機種。

どちらも性能の良いCPUを搭載してメモリは16GB、それでいて価格が10万~11万という安さがウリです。

わかりやすいように表にまとめてみました。

簡単に言うと、Victusの方がゲーム寄り、IdeaPadは画像編集寄りの仕様です。

VictusはGeForce RTX 3050を搭載。エントリーモデルですが、軽めのゲームならOKなグラボです。Victusには上位モデルとして RTX 3060搭載のモデルがありますが、それだと15万するので今回の比較からは外しました。

対するIdeaPadはGTX 1650。エントリーモデルでもさらにレベルが下のグラボです。

軽めのゲームAPEX Legends(1080p high)で比較すると、

GXT 1650: 69 fps
RTX 3050: 100 fps

という感じでRTX 3050の方がより快適にプレイ可能です。

ゲーム寄りで考えるならHP Victusを推奨します。

中量級以上のゲームは厳しいですが、気軽に楽しむ用としてはまずまずです。

公式ストア HP Victus 16 (AMD)

ディスプレイはIdeaPadが圧勝です。

解像度も2.5K相当の2560×1600ピクセルありますし、縦横比も最近主流の16:10です。輝度と色域(sRGBカバー率)もIdeaPadが上回っています。

Victusのディスプレイでも画像編集ができないわけではありませんが、カラーを正確に表現したいとなったときに不満が出てくるでしょう。

画像編集を行うならIdeaPadを推奨します。
RAW現像はCPU性能がメインです。VictusとIdeaPadのグラボ差ならグラボはほとんど関係ないレベルです。

Lenovoストア IdeaPad Slim 560 Pro

動画編集は書き出し(エンコード)の際にグラフィックスが効きますが、それもアプリに依ります。DaVinci Resolveの無料版とかはGPUエンコードができないのでCPU性能だけの処理になります。必ずしもVictus優位とは限りません。

また動画を見る画面の綺麗さ、作業画面の広さはIdeaPadの方が上なので、動画編集に関しては引き分けとします。

価格はVictusが11.5万に対し、IdeaPadが10.5万。IdeaPadの方が安いです。

公式ストア HP Victus 16 (AMD)

Lenovoストア IdeaPad Slim 560 Pro

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする