【PR】【アフィリエイト広告】

HP Spectre x360 16-aa (2024年モデル)RTX 4050が搭載可能になり万能型PCへ

HPのSpectre x360 16-aaは2024年1月発売の2-in-1 PC

  • 16インチ 2.8Kの有機EL
  • 変形タイプの2-in-1
  • CPUはインテルCore Ultra 7 155H
  • グラボにRTX 4050を搭載可能

という特徴があります。

2023年モデルから大きく進化した新モデル。

ただ価格もかなり高くなりそうなのがネックです。

スペック概要

CPU: Core Ultra 7 155H
メモリ: 16GB、32GB
SSD: 512GB、1TB
ディスプレイ: 16インチ 2880x1800、OLED、タッチ
グラフィックス: Intel Arc Graphics、NVIDIA GeForce RTX 4050
Webカメラ: 900万画素、プライバシーシャッター
顔認証あり、指紋認証あり
USBポート: Thunderbolt 4 x2、USB-A x1
インターフェイス: ヘッドフォン
重量: 2.07kg
ペン付属

パフォーマンスモデルはメモリ16GBに内蔵GPUという構成。
パフォーマンスプラスモデルはメモリ32GB、RTX 4050という構成です。

発売直後というせいか価格が29.9万、42.9万と高くなっています。しばらく待てば、適切な価格になるはずです。ただ上位モデルはそれでも30万以上になるかもしれません。

2023年モデルからの進化

Spectre x360 16 (2023) Spectre x360 16 (2024)
CPU Core i7-1360P Core Ultra 7 155H
PassMarkマルチ 19237 22992
GPU Intel Arc 370M RTX 4050
メモリ 32GB 32GB
解像度など 3840x2400 2880x1800
リフレッシュレート 60Hz 120Hz
Webカメラ 500万画素 900万画素
microSDカードスロット あり なし
重量 1.96kg 2.07kg
価格 27.5万 30万以上?
WordPress Tables Plugin

RTX 4050が大きい

一番大きいのはグラフィックス。RTX 4050を搭載することにより、ゲームや動画編集、生成AIなどに対応可能となります。ディスプレイのリフレッシュレートも120Hzになっています。

4K⇒2.8K

ディスプレイ解像度は4K⇒2.8Kへ下がりました。リフレッシュレートとも関係しているのかもしれません。16インチで2.8Kあれば、画面は十分高精細です。これはそこまでマイナスではないと思っています。

microSD廃止

microSDカードのスロットがなくなり、USBポートだけとなりました。HDMIも付いていません。USBポート3つだけ。ポート類は少ないです。特に本機はバリバリのクリエイターPCとなるわけですから、SDカードスロットはぜひ付けてほしかったと思います。

Webカメラが500万画素から900万画素へ

画素数がアップしても写りが良くなるとは限りません。これは2023年の500万画素のカメラでも実証済み。900万画素になってもセンサーサイズが変わらないとそこまで画質は良くならないと思います。

2024のSpectre x360 16は飛躍的に性能がアップしています。

ただその分、価格もアップしているのが気になります。

しばらくは様子見が良いでしょう。

買うなら上位モデルを30万くらいで。それぐらいが相場かなと思います。

HPストア Spectre x360 16-aa

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする