Surface Pro 9はCore i5-1235U、Core i7-1255U搭載か?

海外サイトのいくつかで新モデルのSurface Pro 9についての噂が出ていますね。

ドイツのWinfuture
https://winfuture.de/news,131955.html

有名なNotebookcheckもWinfutureを引用しています。

これによると、

  • Surface Pro 9が2022年10月に発表されるだろう
  • 基本的なデザインはSurface Pro 8とほとんど同じ
  • CPUがインテル第12世代に刷新される

という内容になっています。

大きな変更はCPUですね。

Core i5-1235UやCore i7-1255Uが採用されるのではないかと予想されています。

これは妥当な選択です。Core i5-1240PやCore i7-1260PといったPシリーズを期待する向きもあったようですが、Pシリーズは発熱の問題もありますから薄型設計のSurface Proにはちょっと厳しいように思えます。

1235Uや1255UはHP Spectre x360 14の2022年モデルにも搭載されています。
発熱を抑えながらも、性能も第11世代をきっちり上回るものが出せているようなので、Surfaceでもそれを期待しましょう。

上の写真はSurface Pro 8

・2880×1920
・縦横比は3:2
・リフレッシュレート120Hz
・輝度 400nit
・sRGBカバー率 100%

と優秀なディスプレイでした。

Pro 9で性能が期待どおりアップすれば、クリエイター向けPCとしての価値もグンと上がるはずです。

ベンチマークで比較

Core i5-1235UやCore i7-1255Uは、TDP(熱設計電力)が15Wと低めのCPUです。しかし実際にはTDP28Wで運用されたりと、機種によってかなり幅があるのでベンチマーク結果もバラツキが大きいです。

PassMarkのスコアは以下のとおり。

Core i5-1135G7とCore i7-1185G7はSurface Pro 8に搭載されていたCPUです。

それらと比較するとシングルスレッドで18%、マルチスレッドで24~26%ほど上昇しています。

まあ実際Surface Pro 9でどのくらいのスコアが出るかはわからないので、話半分で見ておく方がいいかもしれません。

メモリ16GBが重要になる

Surface Pro 9はクリエイティブな作業に使えるだけのポテンシャルがあります。

ただ実際に画像編集、動画編集をやるとなったらメモリ16GBが推奨されます。メモリ8GBだと普段使い、ビジネス利用までなので、第12世代の性能は必要ないかもしれません。

Core i5-1235U、メモリ8GBという組み合わせはどうもバランス悪いです。
Core i7-1165G7、メモリ 8GBがバランス悪いと思うのと同じです。

Surface Pro 9がどのような構成で販売されるかまだわかりませんが、メモリ16GBの構成だと価格が高くなりそうだなと不安です。

最近の円安も考えると・・まあ覚悟はしておいた方がいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする