Ricoh GRDのセンサーゴミ問題。修理に出すといくらかかる?

GRDのセンサーゴミ問題はネットで調べるとそこそこヒットします。
digi1606098

修理に出すか、リスク覚悟で自分で掃除するかですが、ぼくは素直に修理に出しました。センサーゴミ以外にも直すところがあったからです。

リコーの東京サービスセンターに持っていきました。浮間舟渡という聞きなれない駅(埼京線)にあります。平日のみの受付ですが、当日に修理してくれるのが良い点です。

で、レンズユニットを丸ごと交換ということになり修理代金は13,000円でした。

ただこれ、ネットで見る金額よりは安いみたいです。ぼくが見たのは3年前くらいの情報ですが2万円とられるって話でした。いまは少し安くなっているのかもしれません。

リコーの公式HPに行くとネット上で簡易見積もりをしてくれます。

⇒ リコー簡易修理見積もり

リンク先でこのような画面になります。

digi1606241

コンデジの中にGR Digital IVがないので後継機のGR IIを選択して次へ進みます。

digi1606242

不具合現象を選び、次へと押すと見積もりが17,280円と出ました。

digi1606243

あくまでこれはGR IIの見積もりで、ぼくが修理したGR Digital IVではないのですが一応の目安にはなりますね。GRDの場合は、おそらくぼくと同じ13,000円か高くとも15,000円くらいでやってくれると思います。

あまり金額が高いと、中古を買ってしまった方がいいんじゃないかと思う人も多いでしょう。2016年6月現在、GR Digital IVの中古は25,000円前後が相場です。

修理に出せば、新品のレンズで帰ってきて半年の保証がつくので、ぼく的には修理の方がお得かなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする