1年8か月の使用でノートパソコンのバッテリーがどのくらいヘタったか?

現在使用しているThinkPad E460は2015年12月に購入。

1.8kgと重めのPCなので、ほぼデスクに置いて使用しており、常に電源につなぎっぱなしの状態です。

購入から1年8か月が経過し、バッテリーがどのくらいヘタっているのかチェックしてみました。

バッテリーのヘタり具合をチェックする方法は簡単です。

1.管理者権限コマンドプロンプトを起動する

スタートメニューに「cmd」を打ち込みコマンドプロンプトが出てきたら、その上で右クリックし、管理者として実行を選択すればOK

2.起動したコマンドプロンプの画面で

powercfg /batteryreport

と打ち込む(コピペでOK)

3.以下のファイルを開く

C:\Windows\System32\battery-report-report.html

バッテリーレポートを生成しろというコマンドを打って、その生成されたファイルを開くという手順です。

ファイルを開くと以下のような画面が出てきます。

DESIGN CAPACITYとあるのがこのパソコンの本来のバッテリーの容量。

そしてFULL CHARGE CAPACITYが現在フル充電したときの容量。

47500mVhあったのが37740mVhに減っていますね。

消耗して当初の約80%くらいの容量になっているということがわかります。

まあこれぐらいは許容範囲でしょう。
買って2年くらいでバッテリーが半分ぐらいになっていたらどうしようと思っていましたが、その心配はなさそうです。

いまのノートパソコンはバッテリーが交換できないタイプが多いですが、バッテリーの消耗も少なくなるように設計されています。
しかもバッテリー駆動時間もかなり伸びていますから、以前のようにバッテリーの消耗を気にする必要はなくなっていているのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする