DELL XPS 13 9370を買うのはまだ早い!?旧モデルの9360も検討してみよう。

DELLの人気モバイルノートXPS 13の2018年版、XPS 13 9370が発売されました。

ただ発売直後ということもあり、まだ価格は高いです。

加えて旧モデルのXPS 13 9360もまだ在庫が残っています。

新モデルに飛びつくのではなく、ここは冷静に「旧モデルの方がお得説」を検証してみましょう。

しばらくすると旧モデルの在庫がなくなり、新モデルのみの販売となりますので、チャンスは2018年の2月~数か月程度の間しかありません。

新モデルのメリット

・薄くなった
・ベゼルも少し細くなった
・4Kディスプレイを搭載可能
・発熱を抑えた設計
・Enterキーの形状改善

最後のEnterキーについては、知らない人もいるかもしれないので捕捉しておきます。

DELLのノートPCは、日本語キーボードのキー配列がちょっと特殊で右端のEnterキーが縦に細長くなっていました。

それが今回のXPS 13 9370では改善されたということです。微妙の違いですが、細長のEnterキーはけっこう違和感があるのでこれはナイスな改善です。

Core i5、SSD256GB、FHDなら2.8万の差

旧モデルの9360の方が13.2万
新モデルの9370が16.0万

差は2.8万

※2018年2月現在。13%オフクーポンを適用時。

ポイントはどちらも第8世代のCore i5で同じだという点。

普通こうした新旧比較では、古い方が第7世代とかだったりするのですが、XPS 13の場合は旧モデルも第8世代のCPUを搭載できるので、スペック上は全く同じになります。

これぐらいのスペックに抑えるのであれば、旧モデルのXPS 13 9360で十分じゃないかと思えてきます。

10万以下で買える旧モデル

旧モデルだと一番安いモデルが9.4万。

・Core i3-7130U
・メモリ4GB
・SSD128GB

という構成で買えます。

新モデルだと一番安いモデル(Core i5-8250U)が16.0万。だいぶ価格帯が上がるのがネックです。

性能はそこまで高くなくていい。とにかくXPS 13のカッコいいデザインが欲しいんだという人には、旧モデルが断然おすすめです。

フルサイズのSDカードスロットなら旧モデル

新モデルは筐体が薄くなったせいで、microSDカードスロットになりました。
写真を趣味としている人にはフルサイズSDカードが挿せる旧モデルの方が使いやすいはずです。

さらに、新モデルにはUSB-AポートがないのでそのままではUSBメモリが挿せません。

重さは新旧どちらも1.2kgで変わりません。

で、結局どうなのよ?

冒頭に挙げた新モデルのメリットをどの程度重視するかですが、ぼく的には「旧モデルの方がお得なんじゃね?」説を唱えたいところですね。

いや、DELLの開発チームには申し訳ないですけど、ここはしっかり言わせてもらいますよ。

もし新モデルが20%くらい軽量化してくれてたら、さすがに新モデルを推してたと思いますが、1.2kgで変わらずですからね。。。

逆に言うと、旧モデルの完成度が非常に高いということでもあります。

どちらがいいか、あなた自身の目でも確かめてみてください。

⇒ XPS 13 9360

New XPS 13 9370 (2018/1/26発売)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする