バーガンディレッドのボディがカッコいい!ASUS ZenBook S UX391UA-825RS(825R)

ASUSのZenBook S UX391UAは13.3型1.05kgの軽量ノート

先月発売されたばかりのUX391UA-825R、UX391UA-825RSはバーガンディレッドと言われる渋い赤が目をひきます

筐体も薄く、カッコ良さを求めたい人にはかなりいいんじゃないかと思います。

825RSの方がMicrosoft Office付き
825Rの方はMicrosoftと互換性のあるWPS Office(安いやつ)が付いてきます

当然825RSの方が高く、価格は15.7万

825Rの方はアマゾンで14.0万となっています。

スペック概要は以下のとおり

・CPU:Core i5-8250U
・メモリ: 8GB
・SSD: 256GB (SATA)
・ディスプレイ:13.3インチ FHD(1920×1080)
・USBポート:USB-C(Thunderbolt 3) x2、USB-C x1
・サイズ、重さ:311×213.75×12.9mm、1.05kg
・バッテリー:約14.7時間
・USB-AとHDMIに対応した変換アダプター付き

1つの特徴として写真のように、キーボードに傾斜がついており、床から浮いている状態で使用するという点が挙げられます。

Surface Proなどキーボード分離型の2-in-1によく見られるスタイルですが、普通のクラムシェル型ではめずらしいです。

薄型のキーボードは床と接地していると底打ち感が出てくるので、このように床から浮いている方がいいかもしれません。筐体の剛性さえしっかりしていれば、キーボードの打ち心地がそこまで悪くなることはないでしょう。

他にも薄型ノートで注意したいのがUSBポートの種類。
UX391UAはUSB-Aポートがなく、全てUSB-Cとなっています。

このままではUSBメモリが挿せませんが、付属のUSB-A変換アダプターを使えばOKなのでこれも大きな問題にはならないでしょう。

1.05kgという軽さなので、頻繁に持ち歩きしたい人におすすめです。

価格はオフィスなしのUX391UA-825Rが14.0万と少々お高め

ASUSのことなんで、もう少し待っていれば安くなりそうですが、いち早くこのバーガンディレッドのボディを手に入れたい人は目をつぶってポチるしかないでしょう

アマゾンだとこの価格です
⇒ ASUS ZenBook S UX391UA(Core i5/メモリ 8GB/SSD 256GB/WPS Office)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする