【2020年】DELL、HP、Lenovoのブラックフライデーセール。おすすめは?

2020年のブラックフライデーセール。
DELL、HP、Lenovo。3大メーカーのノートPCのセール内容を簡単にまとめてみました。

◆DELL

DELLはブラックフライデー第一弾として17%オフセールを開催中です。

しかしこれはDELLの通常営業。普段から多くの製品が17%オフですから、ブラックフライデーだから安いというわけではなさそうです。

第二弾もあるかもしれないのでそれに期待しておきましょう。

◆HP

HPは11月27日~11月30日までの開催。

対象となるノートPCは、

  • ENVY x360 13-ar0000
  • Chromebook x360 14b
  • Chromebook x360 12b
  • OMEN by HP 15
  • ProBook x360 435 G7
  • ProBook 430 G7

です。

セール会場には、30%オフ!とか40%オフ!とか書かれてありますが、これにだまされてはいけません。HPも普段から割引価格で販売しています。

ただ表を見ると、機種によってはけっこう安くなってる機種もあります

Chromebook x360 12bってノーマークだったので、普段の価格が合ってるのかどうかわかりませんが、11月20日に確認した価格では5.8万⇒4.5万とかなりの値下がりになっています。

ただしHPはこの価格に消費税と送料がかかります。注意してください。

あと人気モデルで言うと、ENVY x360 13-ar0000。これは2019年モデルですが、HPは2020年モデルのENVYの在庫がずっと不安定なため、その代用として2019年モデルが人気となっています。

HP ブラックフライデーセール会場

◆Lenovo

Lenovoもブラックフライデーセールをやっています。

期間は11月20日~26日です。

対象となるノートPCは

  • ThinkBook 13s (2019)
  • ThinkPad X1 Carbon (2019)
  • ThinkPad X1 Yoga (2019)
  • Ideapad S540 (14)
  • Ideapad Slim 350i
  • Ideapad Slim 750i (14)

2019年モデルが多いですが、最後の2つ(Ideapad)は2020年モデルです。

注目はThinkPad X1 Carbon (2019)です。

言わずと知れたThinkPadのフラッグシップ、X1 Carbonがセール対象になっています。

CPU: Core i5-10210U
メモリ: 8GB
SSD: 256GB
ディスプレイ: 14型 FHD(1920×1080) 光沢なし
重さ: 1.09kg

というスペックで12.0万円(税込、送料込)です。

このモデルは発売当初16.8万しました。

16.8万 ⇒ 12.0万

まずまず買いやすい価格になっています。

1年型落ちとは言え、第10世代CPUという条件は2020年モデルと同じ。
お買い得だと思います。

Lenovo ブラックフライデーセール会場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする